當山みれいが清水翔太と「音霊」で共演(2014年8月24日)

「音霊」で共演した清水翔太と當山みれい

 現役女子高生シンガーの當山みれい(16)が24日、清水翔太(25)、SHUN(22)とともに『音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2014「SKY HIGH 2014」』(神奈川県逗子市)に出演。清水とは「I’ll Be There」を歌い上げ、会場を盛り上げた。また、この場で新曲『Memories』を発売することを発表した。

 『Memories』は、當山が米国ニューヨーク留学中に、日本にいる家族や友人への感謝と、決意を歌った曲。ライブでは必ず1曲目に披露され、ファンの間ではリリースが発表される前から人気を誇っていた。

 その當山に対して、清水は「みれいを見ていると16歳の頃の自分と似ている部分があって当時を思い出す。すごく才能があるアーティストだと思うので、期待しています」と絶賛し、「I’ll Be There」をともに歌い上げた。

 今回の新曲作品には表題曲のほかに、豪華クリエーター陣が手掛けるリミックスほか、カバー曲も収録される予定だという。なお、表題曲は8月25日から各配信ストアで先行配信も開始されている。

 當山は大阪出身の16歳。2013年夏まで全米トップの名門ゴスペルチーム“Gospel For Teens”に所属、唯一のアジア人として異例のリードボーカルに抜擢された。同年6月にはシングル『TATTOO』で全米デビュー。

 日本では2014年6月25日発売の両A面シングル『Fallin’ Out/I Wanna NO feat. SHUN」でデビュー、iTunesのR&B/ソウルアルバムチャートで1位を記録している。同年6月末には米BET AWARDS前夜祭出演という日本人初の快挙を成し遂げている。

記事タグ