AKB入山杏奈が2カ月ぶりAKB衣装

久々にAKB48の衣装に袖を通して喜びを綴る入山杏奈のグーグルプラス(キャプチャー画像)

 5月に岩手県で発生した握手会襲撃事件で負傷したAKB48入山杏奈(18)が、9日のグーグルプラスで、約2カ月ぶりにAKB48の衣装を着たことを綴っている。

 入山が来た衣装は、先般、味の素スタジアムで行われた公演のオフィシャルTシャツで、晴れへの願いを込めたもの。今回初めて着たという。久々にAKB衣装に袖を通した入山は「AKBになった気分だったよ」と喜びをつづっている。

 6月30日劇場公演前に姿を現したことを除けば、事件以降は、AKB48の公演や握手会に参加したという情報はなく、衣装を着込んだこともないと思われる。

 また、20日発売のカルチャー情報誌『SWITCH』9月号(スイッチ・パブリッシング発刊)で、復帰後初のグラビア撮影に挑んだことがわかった。

 『SWITCH』の公式サイトによれば、写真家の操上和美さんが撮り下ろしたものだという。

 同サイトに掲載されているグラビアの一部には、右手にギプスをはめたままだが、ボディラインがくっきりとわかるひざ上までの濃い青色のワンピースを着込み、妖艶にポーズを決める姿が収められている。

この記事の写真
AKB入山杏奈が2カ月ぶりAKB衣装

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)