ジェイク・シマブクロがMステ初出演(2014年8月8日)

繋がりにく状態になっているジェイク・シマブクロの公式サイト

 米国ハワイのウクレレ奏者、ジェイク・シマブクロが、8日に放送されたテレビ朝日系『ミュージックステーション』に初出演した。番組の終盤に登場したシマブクロは、映画『フラガール』の主題歌『Hula Girl』を演奏。“ウクレレの魔術師”とも称される驚異的な演奏技術とエフェクターを使用した多彩な音色で魅了した。

 シマブクロは、速弾きなどウクレレの概念を超えた多彩な演奏技術で人気を集めている。同番組で司会を務めるタモリも「ウクレレというのは早く演奏するようにできていない。たぶん世界で初めて」と絶賛した。

 トーク中にはタモリの要望を受けてその“速弾きテク”を披露、共演者たちも驚いた様子で見入っていた。

 演奏を終えたシマブクロは番組のエンディングで「すごい楽しかった。東北の皆さん頑張って」と、東日本大震災の被災地にエールも送った。

 シマブクロの驚異的な演奏テクは、放送直後からネット上で話題に。ツイッターには「ウクレレの概念を超えてる」「やっぱりジェイクは凄い」「鳥肌たった」「早弾きも凄いけど歌心のあるプレーがホント最高」など、称賛の声が多数寄せられている。

 また、シマブクロの日本向け公式サイトにはアクセスが殺到、繋がりにくい状態となっている。

記事タグ