高橋幸宏、細野晴臣、土屋昌巳32年ぶり共演

32年ぶりに高橋幸宏と共演することが決まった細野晴臣(左)、土屋昌巳

 細野晴臣(67)と土屋昌巳(61)が、8月10日に東京・夢の島公園陸上競技場で開催される夏フェス『WORLD HAPPINESS 2014(ワールドハピネス2014)』に出演することがわかった。このフェスのトリを務める高橋幸宏 & METAFIVEのステージにゲストとして参加する。

 高橋幸宏 & METAFIVEは、今年1月に『EX THEATER ROPPONGI』で開催された80年代のテクノ・サウンドを現代に甦らせ、大喝采を浴びた“テクノリサイタル”のメンバーで構成。

 細野、土屋のふたりが高橋と共演するのは、『YUKIHIRO TAKHASHI TOUR '82 WHAT ME WORRY』ツアー以来、32年振りとなる。これは高橋ソロとしては初めてのツアーで、土屋、細野の他に、JAPANのドラマー、スティーヴ・ジャン センも参加していた伝説のステージだ。

 このツアーでは、高橋オリジナル・ナンバーに加え、細野の『スポーツマン/al“フィルハーモニー(1982)”収録』や、YMOの『手掛かりKEY/al“テクノデリック(1981)”』や『CUE キュー/al“BGM(1981)”』も演奏されていただけに、もしやMETAFAIVEでも?とオールド・テクノファンの期待は高まる。

この記事の写真
高橋幸宏、細野晴臣、土屋昌巳32年ぶり共演

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)