ヒロイン宇田川咲の二面性を演じきった二階堂ふみのアイドル姿(C)榎屋克優/集英社、(C)2014「日々ロック」製作委員会

二階堂、アイドル時々ロッカー

ヒロイン宇田川咲の二面性を演じきった二階堂ふみのアイドル姿(C)榎屋克優/集英社、(C)2014「日々ロック」製作委員会

 俳優の野村周平と女優の二階堂ふみが出演する、青春ロックを描いた11月22日公開の映画『日々ロック』(入江悠監督)で、ヒロインの宇田川咲が魅せるキュートさと凶暴さの振り幅が大きい二面性を、二階堂がみごとに演じ切っていることがわかった。

 レーザービームが彩る会場の中心で、テクノポップな音楽に合わせダンスや歌で観客を魅了するアイドルこそが二階堂ふみ演じる、宇田川咲。彼女自身が持つカリスマ性と斬新なスタイルこそ、世界的な評価を得ているデジタル系トップアイドルである理由であり、このシーンでは、若年層から圧倒的な支持を集めるアーティスト・DECO*27が楽曲を提供している。熱気と高揚感に包まれたホール全体で、サイリウム片手に盛り上がる観客と共に撮影されたライブシーンは圧巻だ。

 このライブシーンについて二階堂は「お客さんも一緒に乗っているっていう設定だったので、画面を通してやらされている感じが出ないように、本当に乗せなきゃいけないと思いました。自分がどこまで出来るんだろうって考えていたけど、楽しく、気持ちよく演じることができました」と撮影時のエピソードを披露した。

二階堂、ロッカー時々アイドル

ヒロイン宇田川咲の二面性を演じきった二階堂ふみのロッカー姿(C)榎屋克優/集英社、(C)2014「日々ロック」製作委員会

 そんな“かわいい”アイドルに隠されているのは、ロック魂あふれる凶暴な一面。ある日、主人公・日々沼拓郎(野村周平)たちが結成しているバンド「ザ・ロックンロールブラザーズ」のライブ中に一人の酔った女性が乱入。その女性こそがアイドル・宇田川咲。ステージに上がると、いきなり演奏し始めたのは、RCセクションの『雨あがりの夜空に』。壇上で演奏していたザ・ロックンロールブラザーズを迫力のあるギター演奏とボーカルで蹴散らし、ステージを自分のものにしてしまう姿には、もはやアイドルの面影はなく、ロッカーそのものだ。

 アイドル姿だけでなく、ロックな姿と振り幅の大きい役どころを見事に演じ分けた二階堂。今一番旬な若手演技派女優と称されているだけに彼女の熱演は注目される。

この記事の写真
二階堂、アイドル時々ロッカー
二階堂、ロッカー時々アイドル

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)