渋谷すばる主演映画に鈴木紗理奈ら出演

渋谷すばる、二階堂ふみの脇を固める鈴木紗理奈、赤犬、天竺鼠川原克己

 関ジャニ∞の渋谷すばる(32)が映画初主演を務める『味園ユニバース』(山下敦弘監督)が全大阪ロケを終え、7月上旬にクランクアップした。同映画はモスクワ国際映画祭最優秀作品賞受賞『私の男』でも話題を呼んでいる二階堂ふみ(19)がヒロインに抜てきされている。その注目されている映画に、バンドの赤犬、鈴木紗理奈、天竺鼠の川原克己が出演していることがわかった。

 ■赤犬
 大阪で活動を開始し20年、現在も大阪を拠点とする、ブラス、バイオリンを含む14人で編成されたバンド。本作劇中では、そのまま“赤犬”の名で登場し、本人たちがそれぞれ自身を演じる。

 二階堂演じるかすみがマネージャーを務めるバンドであり、渋谷演じる記憶を失った男(ポチ男)に突如ライブに乱入される。ポチ男やかすみとの日常のやりとりでは、可笑しみのある赤犬メンバーならではの素朴さで作品に温かみを加え、ライブシーンでは、関ジャニ∞でメインボーカルを務める渋谷演じるポチ男をボーカルに迎え、彼の放つ圧倒的な歌声やパフォーマンスをさらに盛り上げ、それを赤犬色で包みこむという、見事な化学反応を見せているという。

 ■鈴木紗理奈
 映画への出演は『ナニワ金融道~灰原勝負!起死回生のおとしまえ!!』以来約9年ぶり。

 鈴木が今回演じるのは、二階堂演じるかすみや赤犬メンバーと仲の良い、派手でセクシーな女医マキコ役。白衣姿も披露。渋谷演じるポチ男を記憶喪失では?と最初に診断し、かすみの相談役でもあり、愚痴を聞きながらなだめたり笑い飛ばしたり、時には背中を押してくれる良き理解者を演じている。

 ■天竺鼠・川原克己
 関西を中心に活躍する人気お笑いコンビ・天竺鼠のボケ担当。映画出演は小藪千豊主演の『FLY!~平凡なキセキ~』(02)に続き、2度目。本作では、ポチ男の過去に深くかかわる狡猾なチンピラ、タクヤ役を演じている。

記事タグ