AKB48元メンバーの篠田麻里子(28)がプロデュースしていたパラレルブランド「ricori」を展開するアパレル会社のリゴレ(東京都渋谷区)が全店の営業を停止したことがわかった。同社が16日に公式ブログで発表。「誠に突然ではございますが、2014年7月15日付けをもちまして、ricoriは全店閉店致しました。これまでご愛顧を頂きましたことに、心から感謝致します」と説明した。

 東京商工リサーチによると、同社は、昨年2月に東京・新宿に1号店を出店したのを皮切りに大阪、福岡などで店舗を拡大。篠田プロデュースの話題もあって設立1期目となる今年2月期は売上高約2億5000万円をあげていたようだが、出店に伴う費用が負担となっていた。

 また、帝国データバンクによると、先行投資の負担のほか、高めの価格帯であったことから思うように売り上げは伸びなかったようだ。昨年8月に心斎橋オーパ店を閉店した一方で、今年3月に開催された「東京ランウェイ2014」には篠田が「ricori」のモデルとして参加していたとも伝えている。

 篠田は、このブランドで婦人服やシューズなどの監修やデザインを手掛けていた。篠田はこの一報を受けツイッターで「ricoriが閉店する事になり大変驚いています。私篠田麻里子も去年までアドバイザーとしてお手伝いしていただけに残念です。今までricoriを応援してくれたみなさんありがとうございました」とコメントしている。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)