布袋寅泰が氷室京介ラスト公演での共演を願う

氷室京介への想いを綴った布袋寅泰の公式ブログ

 ギタリストの布袋寅泰(52)が14日、コンサート活動休止を発表したボーカリストの氷室京介(53)について、自身のブログでラスト公演での共演を望んだ。

 布袋は、氷室の名前こそ挙げなかったが「もし彼が本当にステージから姿を消してしまうなら『最後のステージはせめて一曲でも隣りでギターを弾かせてほしい』そう願うのみ」と綴った。

 氷室と布袋は、1988年4月5日に東京ドームで行われたBOΦWY解散コンサート以降、一度も同じステージに立ったことはない。バンド再結成ブームの昨今においてもその気配すらなく、もし実現すれば大きな話題となる。

 元メンバーによる共演はこれまでに、布袋のコンサートに高橋まことや松井常松が出演したことはあるが、氷室だけはない。また、氷室は東日本大震災復興支援チャリティコンサートで全曲BOφWYというビックサプライズを演じたが、このとき元メンバーに声を掛けなかったとして反発を招いている。

 解散後も互いにリスペクトし合う発言も出ているものの、バンド解散の理由の一つとして2人の不仲説も取り沙汰されているだけに、氷室と布袋の共演は奇跡に近いものがある。布袋の反応に氷室はどう応えるか。

 氷室は解散コンサートで「まだまだ伝説になんかなんねーぞ」と明言を残した。このまま同じステージに立つことなく“伝説化”となってしまうのか。ファンは期待を胸に固唾を呑んでその動向を見守っている。

この記事の写真
布袋寅泰が氷室京介ラスト公演での共演を願う

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)