亀梨和也・田口淳之介・上田竜也・中丸雄一による4人組アイドルグループのKAT-TUNが歴代ナンバーワンの金字塔を打ち立てた。

 7月7日付オリコン週間アルバムランキング(集計期間=6月23日~29日)で、KAT-TUNの8作目のオリジナルアルバム『come Here』(6月25日発売)が発売初週で7万5000枚を売り上げ、初登場首位を獲得。

 ファーストアルバム『Bestof KAT-TUN』(2006年3月発売)から続く自身のアルバム連続首位記録を8作連続に更新した。

 1970年1月のアルバムランキング発表開始以来、ファーストから8作連続でのアルバム首位獲得は男女グループ・ソロを通じ史上初の快挙(再デビューは除く)。KAT-TUNにとって初の同記録歴代単独1位となった。

 これまでの記録は、『First Love』(1999年3月発売)~『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2』(2010年11月発売)で記録した、宇多田ヒカル(31)の『1stから7作連続首位』で、今回、KAT-TUNは3年7カ月ぶりに更新。

 KinKi Kidsが持つギネス記録の『デビューからの連続シングル首位記録』(33作連続)のアルバム版となる同記録で、『デビューシングルの初週売上記録』(2006年3月発売「RealFace」初週75万4000枚)に続く自身2つ目の歴代1位の栄冠を手にした。

 本作『come Here』は、『CHAIN』(2012年2月発売)以来2年半ぶりのオリジナルフルアルバム。

 初回限定盤には、週間ランキングで1位となった『FACE to Face』(昨年5月発売)を始めとする4作のシングル曲に各メンバーのソロ曲を含めた全16曲が、通常盤には初回限定盤の16曲に『SUNRISE』『優しい雨』の2曲を加えた全18曲が収録されている。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)