スカパーJSATが、10代~60代の男女1000人を対象に実施した『音楽ライブと音楽視聴に関する調査2014』では、「究極の○○ソング」をテーマにいくつかのジャンルで1曲ずつ回答を得た。

 それによると、各項目の1位は、『究極の“ラブ”ソング』においては「I LOVE YOU(尾崎豊)」、『究極の“失恋”ソング』では「会いたくて 会いたくて(西野カナ)」となり、『究極の“ノリノリ”ソング』では「女々しくて(ゴールデンボンバー)」であった。

 また、『究極の“アニメ”ソング』では「残酷な天使のテーゼ(新世紀エヴァンゲリオン)」、『究極の“映画の主題歌”』では「Let It Go~ありのままで~(アナと雪の女王)」がそれぞれの1位となった。以下は各項目のトップ3。

【究極の“ラブ”ソング】
<1位>I LOVE YOU(尾崎豊)
<2位>LOVE LOVE LOVE(DREAMS COME TRUE)
<3位>SAY YES(CHAGE&ASKA)

【究極の“失恋”ソング】
<1位>会いたくて 会いたくて(西野カナ)
<2位>M(プリンセス・プリンセス)
<3位>もう恋なんてしない(槇原敬之)

【究極の“ノリノリ”ソング】
<1位>女々しくて(ゴールデンボンバー)
<2位>YOUNG MAN-Y.M.C.A-(西城秀樹)
<3位>ガッツだぜ!!(ウルフルズ)

【究極の“アニメ”ソング】
<1位>残酷な天使のテーゼ(新世紀エヴァンゲリオン)
<2位>タッチ(タッチ)
<3位>宇宙戦艦ヤマト(宇宙戦艦ヤマト)

【究極の“映画の主題歌”】
<1位>Let It Go~ありのままで~(アナと雪の女王)
<2位>My Heart Will Go On(タイタニック)
<3位>Love Theme from The Godfather(ゴッドファーザー)

 この調査は、10代~60代男女1000人を対象に5月23日~30日の8日間、インターネット上で行われたもの。

【音楽意識調査に関する関連記事】
音楽意識調査<1>10代女性6割がライブ好き、スマホからの“観覧”も増える
音楽意識調査<2>若年層に多いアニソン支持、世代で異なる音楽への意識
音楽意識調査<3>心を動かした究極のフォークシンガーは?中島みゆきがトップ
音楽意識調査<4>究極の恋歌は尾崎豊、究極のアニソンはエヴァンゲリオン
音楽意識調査<5>夏のドライブで聴きたいのはサザン、結婚式ではSuperfly
音楽意識調査<6>復活して欲しいバンドの1位はプリプリ、2位はBOΦWY
音楽意識調査<7>SMAP、嵐、AKB、きゃりーに楽曲提供して欲しいアーティストは?

記事タグ