UVERworld、TAKUYA∞の夢をそのまま楽曲に

新曲「7日目の決意」をリリースしたUVERworld。TAKUYA∞が見た夢を楽曲で起こした

 人気ロックバンドのUVERworldが18日、シングル『7日目の決意』をリリースした。この曲はボーカルのTAKUYA∞が見た夢に出てきた“カエルの刺繍をした学ランを着た学生が歌っていたメロディと歌詞”を曲として書き上げたもので、昨年からライブでも披露している。TAKUYA∞はこの曲について以下の通り思いを語っている。

 TAKUYA∞「夢で降りてきたフレーズで楽曲を作るというのはミュージシャンであれば一度は誰でも憧れる事だと思う。僕たちにとって、このタイミングで、この楽曲が出来た事は、何かすごく大きな意味があるんだと思います。もしかしたら神様から、『これからもUVERworldは新しい楽曲で勝負していけよ』と言われているのかもしれませんね。ジャケットのデザインにもこだわって、夢で出てきたカエルをそのまま描いてもらったんです。この先ずっと残していきたい大切な一枚になりました」。

 また、発売と合わせてミュージックビデオもYoutubeで公開された。UVERworldは現在全国ツアー中。7月2日には8枚目となるアルバム『ΦCHOIR』(ゼロ クワイア)の発売を控えており、収録される『IMPACT』が6月25日より先行配信となる。

 シングルとアルバムのリリース、そして7月5日の京セラドーム大阪でのライブを記念して、関西地方の対象CDショップで、過去のライブ写真や今回制作時のオフショットなどを含んだパネル展を6月17日から1カ月間行う事も発表されている。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)