岩田剛典、新田真剣佑(撮影・冨田味我)

 岩田剛典、新田真剣佑、山田杏奈、中村アン、佐藤祐市監督が30日、都内で映画『名も無き世界のエンドロール』公開記念舞台挨拶に臨んだ。

 行成薫氏の同名小説が原作。強い絆で結ばれた幼馴染みのキダ(演・岩田剛典)とマコト(演・新田真剣佑)が、10年もの歳月をかけて表と裏それぞれの社会でのしあがり、住む世界の違うある女性に近づき、プロポーズをしようとするも、それは日本中を巻き込む“ある壮大な計画”だった―。監督は『ストロベリーナイト』などを手掛けてきた佐藤祐市氏が務めた。

 主演の岩田は昨日初日を迎え「感動しております。これだけお客さんが入った状態で舞台挨拶ができるのは本当に幸せなことなんだと改めて実感しています」、新田は「とても嬉しく思っています」と挨拶した。

 「切ないヒューマンドラマというのが、この作品の本質だと思います」と語った岩田は、「人生を見つめ返すような一つのきっかけにもなる。そういうメッセージも含まれているんじゃないのかなと。ラストもすごく腑に落ちましたし、もしこういうことが人生に起きてしまったらどうするんだろうと考えさせられました」と振り返った。

 また新田は「本を読んでいるの分かっているんですが、映像でみるとまた違ってみえて、さらに自分の想像を超えるシーンがたくさんありました」と語った。

岩田剛典(撮影・冨田味我)

新田真剣佑(撮影・冨田味我)

 この日は、大切な人との絆を描いた本作にちなみ、全国の観客と登壇者を繋ぐべく、事前にSNSで募集した質問に答えるコーナーが実施された。

 劇中では、キダがマコトにドッキリをよく仕掛けられていたが、それにちなんでどっきりを仕掛ける側、それとも仕掛けられる側かという質問。

 勢いよく手を挙げたのは新田。「かけました。最近、岩田剛典さんにどっきりをしかけました。ものすごく面白かったです。ある番組で些細などっきりを仕掛けましたが、映画のなかと全く一緒だなと思いながらけらけら笑って」と笑顔をみせ「家でみていても笑っちゃった」と笑顔。

 かけられた方の岩田は「めちゃくちゃ自然だったんですよ」と照れ笑いを浮かべながら「まっけん、普段から鍛えているから、バックからダンベル出てきて、意外と普段からもっているのかなって」とその様子を明かした。

 監督から「いたずら好き」と言われた新田は「これからもどんどんどっきりを仕掛けていきたいと思います」と宣言していた。

佐藤祐市監督、山田杏奈、岩田剛典、新田真剣佑、中村アン(撮影・冨田味我)

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)