志村さんが新型コロナウイルス感染による肺炎で死去した。30日スタートしたばかりのNHK連続テレビ小説『エール』に音楽家の役で出演が決まっていた。訃報に触れ、同番組の制作統括、土屋勝裕氏がFAXを通じて故人を偲んだ。以下は同氏の追悼文。

志村けんさん逝去に際して

 志村けんさんにとって初めての本格的なドラマ出演ということで、いつまでも挑戦し続ける志村さんの姿に、出演者・スタッフ皆が、志村さんからエールをもらいました。

 「エール」での日本音楽界の重鎮という役は、まさに日本のお笑い界の重鎮という志村さんに相応しい役ではなかったかと思います。最後まで演じて頂くことを現場一同、望んでおりました。

 昭和、平成、令和と、ずっと第一線で笑いを届けてくれた志村さんには、もっともっとこれからもご活躍されることを期待しておりましたので、本当に残念でなりません。謹んでお悔やみ申し上げます。

連続テレビ小説「エール」
制作統括 土屋勝裕

Photos

none...

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)