HYBEが昨年12月31日に京畿道高陽市のキンテックスで開催した「2022 Weverse Con [New Era](以下「2022 Weverse Con」)」が盛況裏に終了した。公演にはBUMZU、Dvwn、ENHYPEN、fromis_9、ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)、イ・ヒョン、SEVENTEEN、TOMORROW X TOGETHERなどが参加し、計42曲で約230分を満たした。オフライン公演と共にオンラインライブストリーミングで同時に行われた今回の公演は117カ国/地域の音楽ファンが視聴した。

 「New Era」をテーマに行われた今回の公演は、「困難な時期に耐え、再び共にできる新時代を目前に控えたアーティストとファンのための献辞であり、2022年の新しい音楽パラダイムを共に作り、迎える」という意味を込めてアーティスト別公演、ファンと様々な話を交わしたミート&グリート(MEET&GREET)およびソ・テジのデビュー30周年を記念した献呈ステージなど、盛りだくさんの見どころを披露した。

 まずENHYPENが『BORDER : CARNIVAL』のタイトル曲「Drunk-Dazed」と「FEVER」を続けて歌い、「2022 Weverse Con」の幕を上げた。 続いて「Blockbuster feat. YEONJUN of TOMORROW X TOGETHER」の舞台ではTOMORROW X TOGETHERのYEONJUNが登場し、雰囲気を盛り上げた。

ENHYPEN(提供:HYBE)

 「Tamed-Dashed」まで独特の強烈なパフォーマンスを披露したENHYPENの舞台を後にfromis_9とBUMZUの舞台が公開された。 fromis_9はレッドヒルを利用したパフォーマンスで観る楽しさをプラスした「Feel Good (SECRET CODE)」と「WE GO」で爽やかではつらつとした魅力を披露した。

fromis_9(提供:HYBE)

「JUST」で舞台を開いたBUMZUは爆発的な歌唱力と濃い感性で新曲「愛さなければよかった」と「28.5」を熱唱し、ステージを盛り上げた。

BUMZU(提供:HYBE)

 続く公演は、ソ・テジ献呈の舞台だった。 プレゼンターを務めたTOMORROW X TOGETHERのTAEHYUN、fromis_9のLEE SEO YEON、ENHYPENのHEESEUNGのスピーチで始まった献呈舞台では「ソ・テジバンド」のライブセッションが披露された。ENHYPENが熱唱した「Hayeoga」からBUMZUの「Internet War」、イ・ヒョンの「To you」、Dvwnの「Morning Snow」、fromis_9の「Sogyeokdong」に続き、TOMORROW X TOGETHERの「Come Back Home」に至るまで、アーティストたちはソ・テジの名曲を自分たちだけの色で再解釈した。 「Last Festival」ではBUMZU、Dvwn、ENHYPEN、fromis_9、TOMORROW X TOGETHER、イ・ヒョンが並んで舞台に上がり、美しいハーモニーで深い感動と余韻をプレゼントした。

 ソ・テジの献呈舞台に続き、「Dvwn」と「イ・ヒョン」が幅広い音楽スペクトルを立証した舞台で、公演の熱気が続いた。 Dvwnは独歩的音色と感覚的ムードで「fairy」、「Last」、「Burn The Memory」を相次いで熱唱、強烈な印象を残した。

Dvwn(提供:HYBE)

 イ・ヒョンは「Moon in the Ocean」とロックバージョンで編曲した「HOMME - I Was Able To Eat Well」を歌った後、「30 Minutes ago」、「Will there be a next time」、「Without a Heart」など声高にメドレーを消化、感性を刺激した。

イ・ヒョン(提供:HYBE)

 TOMORROW X TOGETHERは 『The Chaos Chapter: FREEZE』の タイトル曲「0X1=LOVESONG (I Know I Love You) (Feat. Seori)」で自分たちのステージを始めた。 華やかなパフォーマンスで視線を圧倒した彼らは「Anti-Romantic」とHUENINGKAIのソロパフォーマンスが加わった「Frost」に続き、「No Rules」と「Magic」のマッシュアップ、「LO$ER=LO□ER」(□は白抜きハートマーク)などを披露し、雰囲気を盛り上げた。

TOMORROW X TOGETHER(提供:HYBE)

 ジャスティン・ビーバーのステージは、非対面で進められたにもかかわらず、ライブバンドの舞台で実際の現場で見ているような映像を提供した。 「Somebody」、「Hold on」、「Love You Different」の舞台で余裕のあるグルーブでステージを繰り広げたジャスティン・ビーバーは自ら鍵盤を演奏しながら歌った「Peaches」に続き「Anyone」までメガヒット曲で世界中のファンの目と耳を楽しませた。

ジャスティン・ビーバー(提供:HYBE)

 続いて各自の「New Era」に対する思いも聞けた。ENHYPENは「音楽とENHYPENというグループに対する無限の可能性を込めて僕たちだけの答えを探してみようと思う」とし、「infinity」を、TOMORROW X TOGETHERは「どんなものにぶつかっても恐れず克服しながら音楽的にも内面的に成長していくアーティストになるよう努力したい」と話し、「Rise Above」を自分たちの「New Era」と紹介した。

 BUMZUとfromis_9はそれぞれ「ささやかなようだが、意味のある日常が集まって新しい時代を作っていくのではないかと思う」「好きな童話に'あなたがどこへ行きたいのかにかかっている'という一節がある。 その言葉のように、私たちが望み、想像する姿で進んでいけるよう、常に努力するグループになりたい」と「New Era」の目指すところを明かした。

 イ・ヒョンは「僕にとって'New Era'は今この瞬間」とし「今日のこの感動をそのまま込め、来年新たにもっと良い音楽でまたお会いできるようにしたい」と話し、Dvwnは「(僕の)音楽が多くの方々に慰めと希望になれるよう、もっと努力するアーティストになる」と「New Era」を迎える抱負を語った。

 最後に「デビュー時から今までそうしてきたように'皆さんと共にする瞬間'」を自分たちの『New Era』と定義付けたSEVENTEENは「Power of Together. '一緒の価値'はSEVENTEENというチームの存在に最大の力」とファンへの感謝の気持ちを表した。

 「2022 Weverse Con」のエンディングはSEVENTEENが飾った。 2017年にリリースした2ND ALBUM『TEEN, AGE』のタイトル曲「CLAP」で始まったSEVENTEENは、ダンスブレイクやバンドバージョンの編曲など多彩な構成で「HIT」「Ready to love」「To you」「Together」「Left & Right」を熱唱した。 強烈さと清涼さが調和したパフォーマンスを披露したSEVENTEENは「Rock with you」のステージを最後に久しぶりに行ったオフライン公演を熱い熱気の中で締めくくった。

SEVENTEEN(提供:HYBE)

 公演終了後には、HYBE LABELSのYouTubeチャンネルを通じて新年のカウントダウンも行われた。 2022年が始まる瞬間をグローバルファンと共にし、成功裏に締めくくった「Weverse Con」は、毎年他のテーマの下、アーティストとファンが「音楽」を中心にユニークな思い出を作ることができる年末の音楽祭の場としてファンを訪れる予定だ。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)