元ViViDのSHINとNIGHTMAREのギタリスト咲人が結成した奇蹟のプロジェクトSEESAW(シーソー)が12月25日、東京・新宿BLAZEでワンマンライブ『scene:03ー1st Anniversary Platinum Holy Nightー』を行った。ライブでは新曲の「Killing me softly」や「弾丸アラート」など、アンコール含め12曲を披露。さらに、2022年2月2日にファーストアルバム「BARRAGE」をリリースすることを発表するなど盛り沢山な一夜となった。このライブの模様を以下にレポートする。【取材=村上順一】

今日は音楽をしっかり伝える日に

SHIN(左)と咲人

 ちょうど1年前。SEESAWのお披露目となる初ライブ『[scene:00』を行った由縁の地、新宿BLAZE。集まった多くのファンが待ち侘びる中、咲人(Gt)とサポートメンバーの弓代星空(Vn,Pf)、そしてSHIN(Vo)がスタンバイ。洗練されたアコースティックギターとバイオリンの音色がライブハウスに響きわたり「イチバンボシ」でライブの幕は開けた。しっとりと丁寧にメロディを紡ぐSHINは徐々に熱を帯びるように感情を放出していく。ドラマチックな幕開けだった。

 短いMCを挟み、続いて届けたのは「残響と時雨」。咲人による切ないアルペジオに乗って、SHINは物語のストーリーテラーのように先ほどとは違った表情を見せる。Aメロでは儚く、サビで見せた力強い歌声のコントラストも聴くものを引き寄せていく。そして、緩急をつけたアレンジが心揺さぶった「Air」とアレンジを巧みに変え、さまざまな表現方法で楽しませてくれる。

 いつもはライブを盛り上げることを第一に考えていたと話すSHIN。「今日は音楽をしっかり伝える日にしてもいいんじゃないか」と意気込みを述べ、ここからDAICHI(Ba)とTETSUYUKI(Dr)も加わり、この日のために作ったというクリスマスソング「僕らだけのメリークリスマス」を披露。3拍子のメロウなナンバーを、包み込むような優しい歌声で聴かせてくれた。クリスマスという特別な日にふさわしい楽曲だった。

 続いては今年7月に配信リリースされた「Like a Magic」へ。咲人はアコースティックギターをタッピング、ギターソロでは早いパッセージのフレーズで魅了。SHINもバンドサウンドに乗って疾走感のある歌い方にチェンジひ、サビではファルセットを織りまぜセクシーに歌い上げた。

 ここからは咲人はエレキギターにチェンジし届けたの「BEAT MASTER」。SEESAWの真骨頂ともいえるラウドサウンドで展開。SHINも身体を激しく動かし、魂をぶつけるかのように歌いあげ、観客もクラップでサウンドの一部を担い、一体感のある空間を作り上げた。SHINは「頭振る準備はいいか? 揺らしていくぞ、クリスマス!!」と観客を煽り、ラップ調のボーカルがクールな「命のNANANA」へ。観客も腕を上下にバウンスさせ、大きな盛り上がりを見せた。

弾丸のように皆さんの心に

 SHINは「まだまだ暴れていこうぜ! 拳をあげろ!!」と投げかけ「Cry now」をパフォーマンス。より攻撃的なナンバーで前半で見せたアコースティックなSEESAWとの対比が凄まじく、2人の音楽性の幅広さを感じさせてくれる。そして、食虫植物からヒントを得て、男性を弄ぶ女性をイメージして書いたという新曲「Killing me softly」を初披露。インパクトのあるイントロのギターフレーズ、さらにアクセルを踏み込んだSHINのパフォーマンスに、会場のテンションはどんどん高まっていく。

 SEESAWを結成した昨年を振り返り、SHINは思い描いていたものとは違うスタートになり、悔しい思いも少なからずあったという。しかし、今はこうやってライブが形にでき嬉しい。最高な夜になった。と喜びを噛み締めた。

 「奇跡を起こすようなライブを作っていきたい」と告げ、本編ラストはみんなでハッピーになれる曲と紹介した「BRAND NEW WORLD」を歌唱。フロアでは振り子のように手を振るジェスチャーで埋め尽くされ、それを見たSHINは「この光景が見たかった」と嬉しそうな表情を見せ、多幸感あふれるナンバーでステージを後にした。

 アンコールを求める手拍子に2人がステージに再び登場。2022年2月から東名阪ツアー『SEESAW LIVE [scene:04] -BARRAGE-』の開催と、ファーストアルバム『BARRAGE』をリリースすることを発表した。SHINは咲人とツアーを回るのが楽しみで、1年間かけて作ってきたアルバムを届けられるのが嬉しいと、笑顔を見せた。

 再びサポートメンバーをステージに呼び込み、アンコール1曲目に披露されたのは「心電図」。バイオリンも加わりスケール感の大きさを感じさせたサウンド、音源を超えるワイルドな歌声にボルテージは最高潮。最後にSHINはファーストアルバム『BARRAGE』に込めた想いとして「1曲1曲が弾丸のように、皆さんの心に届くように、心を込めて作ってきました。これからも作っていきたい!」と確固たるアティテュードを見せ、ファーストシングル「弾丸アラート」で、『scene:03ー1st Anniversary Platinum Holy Nightー』を鮮やかに締め括った。

 アコースティックアレンジを施したバラードからロックサウンドまで幅広い音楽性で楽しませ、2人のスキルの高さが存分に発揮されたステージだった。来年2月はファーストアルバムリリース、そして東名阪を回るツアーもあり、SEESAWの真価がより感じられる年になりそうだ。

セットリスト

M01.イチバンボシ
M02.残響と時雨
M03.Air
M04.僕らだけのメリークリスマス
M05.Like a Magic
M06.BEAT MASTER
M07.命のNANANA
M08.Cry now
M09.Killing me softly
M10.BRAND NEW WORLD

アンコール
EN1.心電図
EN2.弾丸アラート

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)