「バズリズムLIVE 2021のDAY3」(最終日)公演が11月7日(日)、神奈川・横浜アリーナで開催され、Saucy Dog、Vaundy、マカロニえんぴつ、THE ORAL CIGARETTES、sumika5組のアーティストが4時間20分に渡って競演した。バズリズムLIVEは日本テレビ系の音楽番組「バズリズム02」が発信する音楽イベント。2015年以来、毎年開催され7回目の今年は初めて3日間で行われた。DAY1(11/5)はジャンルの異なる3組のアーティストが出演する異種格闘技戦ライブ。DAY2(11/6)はダンス・ボーカル系の5組。最終日のDAY3はバンド系の5組が出演。入場時の検温、全員のマスク着用、公演中は声を出さない、間隔を空けての座席配置と、徹底した新型ウィルス感染予防対策が施され中でバズリズムLIVE DAY3は幕を開けた。

 冒頭、番組「バズリズム02」で司会を務めるバカリズムと滝 菜月(日本テレビアナウンサー)が登場。例年ならバカリズムがオーディエンスとコール&レスポンスをしていたが、この日は拍手と”念(?!)”でお願いします!と『今日はどこから来ましたか?』と呼びかける。会場からの”念”を受け『そうですか。全員、笹塚からですか!』とボケをかまし『今日はバンド・デイです!』とバズリズムLIVE /DAY3の開会宣言。

「バズリズムLIVE 2021 DAY3」

Saucy Dog

Saucy Dog

 バズリズムLIVE初出場の3ピースバンド、Saucy Dog。ドラムのせとゆいかから『しっかりトップバッター努めます!』宣言通り、前半は真摯に演奏に集中。ボーカル石原慎也の繊細な歌声に、せとゆいかの力強いドラムにコーラス、秋澤和貴の弾くメロディアスなベース・ラインが絡んだバンドのアンサンブルが美しい音を弾き出す。

 後半の「ゴーストバスター」からは、3人の演奏が爆音で唸りを上げる。最後に演奏した「東京」は3人が上京した頃を書いた楽曲。石原から『色んなことを諦めなければいけない事にぶつかっても、自分の” 芯”だけは変えないと誓いました。そんな頃の心境を歌った曲です』と紹介し、当時の想いを絞り出すように歌い上げる。演奏が終わる3人は各々のポジションで直立し、客席に向けて深々とお辞儀をしてステージを降りた。

Vaundy

Vaundy

 2組めは「バズリズム02」の新春恒例企画「コレがバズるぞ2021」で第1位に選出されたVaundy。深海を思わせるブルー系の照明の中、Vaundyが身体でリズムを取りながら歌う。スクリーンには黒地にアーティスト名のみが投影されるシンプルの極地。一方、サウンドにシンクロして縦横無尽に動く色彩鮮やかな照明は、巨大なステージ全体をひとつのアート作品のように見せる。

 モニター・スクリーンにVaundyこそ、映し出されないが囁くような声、伸びやかなハイトーンと変化自在に操る美しい声はオーディエンスを魅了。3ピース編成のバンドが熱量限界まで引き上げた演奏でVaundyを支え、エンディングは、カットアウトでピタリと締める潔さ。余韻がない分、曲の良さが際立って聴こえる。充分に盛り上がった会場を見渡してVaundyは『みんな元気だね!』と驚きながらも『あと2曲だけど、この後に控えてるバンドの分の体力も使って全力ダッシュで来てね!』と呼びかけロック・チェーン「怪獣の花唄」「花占い」を叩き込みステージを終えた。

マカロニえんぴつ

マカロニえんぴつ

 3組目のアーティストは2019年以来、2回めのバズリズムLIVE参加となるマカロニえんぴつ。長谷川大喜の流れるようなピアノのイントロが奏でられた瞬間、会場全体がぱっと明るくなりマカロニえんぴつの色に染める。「レモンパイ」「愛のレンタル」「洗濯機と君とラヂオ」とストレートなポップ・ナンバーを間髪入れずに続けて演奏。ボーカルのはっとりはスタンド最上段まで埋まった客席を見回し『みなさん、調子はいかがですか?』と優しく語りかける。

 DAY3出演オファーを受けた時『錚々たるメンツのなかで、軟弱な名前のバンドって俺たちだけ?』とちょっと戸惑ったことを明かしながらも『今日は心が通じ合えるステージを出来たらと思います』と11月3日に配信リリースされたばかりの新曲「なんでもないよ、」を披露。マカロニえんぴつの根底に流れるのはザ・ビートルズのポップさ。曲の中には彼らへのリスペクトに溢れ、オープニングSEもザ・ビートルズの「ヘイ・ブルドッグ」。はっとりのエモーショナルなボーカルを、全員音大出身のメンバーの丁寧な演奏で支える。ポップなメロディなのにギターはHR/HMで知られるフライングV使用。これを違和感なく共存させるのもマカロニえんぴつの魅力のひとつ。

 彼らの名前を一躍お茶の間まで知らしめた「クレヨンしんちゃん」の映画主題歌「はしりがき」が演奏されると、バンドのファン以外の観客も巻き込み、広い会場に埋まった全員が大きく右腕をあげて盛り上がっている様は壮観。『バズリズムLIVEが繋げてくれたこの関係。それは、マカロニえんぴつという、あなたがみつけた音楽です!きっとひとりじゃないぞ、最後に歌います』と鉄板曲の「ヤングアダルト」を演奏。歌詞の”世田谷ヤングルーザー”の部分を”横浜”と置き換えて歌い客席を大いに沸かせ35分を完走。『来年はもっと自由にできたらいいね、大声も出したいね』と告げステージを降りた。

THE ORAL CIGARETTES

THE ORAL CIGARETTES

 『回れ!手を振れ!飛べ!最初から新曲行きますよ!』とスタートしたTHE ORAL CIGARETTES。のっけから高いテンションでライブに突入し最新シングル「MACHINEGUN」「Dream In Drive」の2曲を豪快にぶっちぎる。ボーカルの山中拓也は『DAY3のメンツ発表された時、うるさい系は俺らだけやん!』と思ったそうだが、そこは結成10年超の余裕か『今日はうるさいのしかやらへんからね!うるさいなと思ったら耳塞いでください!』と”うるさい”系を3曲連打。気がつけば、声こそ出せないが客席全体が揺れている。

 すっかりオーディエンスを自分たちのペースに巻き込んでいるステージングはさすがの貫禄。山中拓也は謙遜して”うるさい”系と言うが、メロディ・ラインはポップ。ステップに左足をかけて歌うベーシストのあきらかにあきらのハーモニーはとてつもなく美しい。そんなギャップがTHE ORAL CIGARETTES。初めてみるオーディエンスをも巻き込んでしまう所以だろう。

 バックステージで『若い(21歳) VaundyくんがORAL聴いてました!と言うてくれて、俺らもそんな年になったんやなぁ』と感慨深げ。『(Vaundyと)違うジャンルであっても、音楽に奥の奥にあるのはみんな一緒やと思うてます!』と最後もTHE ORAL CIGARETTESの究極の”うるさい”系「Red Criminal」で客席を圧倒。35分のステージを全力疾走した。

sumika

sumika

 冒頭に登場したバカリズムは、各アーティストの登場直前にも現れ次の出演者を紹介。このコーナー、前日から始めた各出演者の小ネタの評判が上々。この日は「Saucy Dogの石原さんはクロールの息継ぎが苦手」「Vaundyは2000年生まれ!都営大江戸線とタメ年ですよ!」と驚き「マカえんのはっとりさんのいきつけのお蕎麦屋さんが僕と同じだった事が判明。

 マカえんと僕とでは作品の質は違えど、同じ蕎麦粉を食べてます!」「THE ORAL CIGARETTESの山中さんは最近、高級オーブン・トースターを買ったそう!ちなみにカラーは黒だそうです」と、選挙特番の池上彰やマラソン中継の増田明美なみに、小ネタを次々に披露。ライブの興奮で熱くなっている客席を和ませていた。

 そして「バズリズムLIVE 2021」の大トリを務めるのはsumikaの4人。2018年、2019年に続いて3度目の出場だ。冒頭はSumikaのライブ恒例の登場SE『ピカソからの宅急便』が場内に鳴り渡る。オーディエンスも早速クラッピングで応じる。オープニングSEの時点でsumikaのライブは始まっているのだ。ボーカルの片岡健太からの『光栄な大トリ、張り切って始めます!』を合図に演奏がスタート。1曲めは彼らのメジャーデビュー・シングル「フィクション」を持ってきた。この曲は初めて「バズリズム02」に出演したときに演奏した思い出の曲。『あの頃(2018年)は、まだテレビ局の人たちに対して警戒感あったけど、「バズリズム02」に関わってる番組スタッフの人たちは自分たちの味方なんだなと実感しました』と当時を思い起こし『だから、今年いちばんいいライブやります!』と宣言。「ふっかつのじゅもん」「イコール」「願い」と彼らの定番ナンバーを惜しげもなく披露。

 『新曲やります!』と5曲目に演奏した「Babel」は12月1日にリリースする最新シングル「SOUND VILLAGE」収録曲。ここでメンバーはステージを降り、片岡健太はDJと共に新曲を歌う。片岡が『バンド・サウンドではないものをやってみようと、好奇心でやってみました』と話す、クラブ・ミュージックの趣きがある異色のナンバーだ。メンバーは再びステージに戻る。『バズリズム02という番組がライブをやってくれて、こうしてあなたがここへ足を運んでくれた。それが大事だと思います。あなたの心をバズらせるべく、命削っていいですか?』とラスト・ナンバー「Shake&Shake」に突入。とびっきり楽しいパーティー・チューンだ。客席はこれ以上ないという程、ヒートアップ。さながら巨大なパーティー会場のよう。メンバーも渾身の演奏でオーディエンスに応え35分の熱演を締めた。

 「バズリズムLIVE 2021」の模様は日本テレビ「バズリズム02」で11月26日(金) 、12月3日(金)、10日(金)の3夜に渡って放送予定。Huluでは12月11日から独占配信も決定。またCS放送の日テレプラスでは12月25日(土)にバズリズムLIVE 2021の3日間のライブを7時間半に渡って放送が予定されている。

PHOTO:山内洋枝

バズリズムLIVE 2021/DAY3セットリスト

日時:2021年11月7日(日)16:00開演
会場:神奈川・横浜アリーナ

▽Saucy Dog

01.リスポーン
02.雀ノ欠伸
03.ナイトクロージング
04.シンデレラボーイ
05.ゴーストバスター
06.バンドワゴンに乗って
07.東京

▽Vaundy

01.不可幸力
02.泣き地蔵
03.napori
04.しわあわせ
05.Tokimeki
06.東京フラッシュ
07.怪獣の花唄
08.花占い

▽マカロニえんぴつ

01.レモンパイ
02.愛のレンタル
03.洗濯機と君とラヂオ
04.なんでもないよ、
05.恋人ごっこ
06.はしりがき
07.ヤングアダルト

▽THE ORAL CIGARETTES

01.MACHINEGUN
02.Dream In Drive
03.カンタンナコト
04.狂乱 Hey Kids!!
05.BLACK MEMORY
06.Red Criminal

▽sumika

01.フィクション
02.ふっかつのじゅもん
03.イコール
04.願い
05.Babel
06.Shake&Shake

MC:バカリズム /進行:滝 菜月(日本テレビアナウンサー)

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)