ジェニーハイが25日、ぴあアリーナMMでワンマンライブ『アリーナジェニー』を開催した。9月1日にセカンドアルバム『ジェニースター』を発表したジェニーハイにとって、この日はひさびさの有観客ライブであり、初めてのアリーナ単独公演。ジェニーハイでしかありえない幅の広いゲストを迎え、実ににぎやかな一夜となった。

 開演時刻になると、ステージには『ジェニースター』のキービジュアルとなっているコンビニのセットがLEDで表現され、お得意の自己紹介ソング“ジェニーハイのテーマ”でコンビニの制服姿のメンバーが一人ずつ登場。川谷絵音、新垣隆、くっきー!、中嶋イッキュウ、小籔千豊の順でラップをしながら花道を歩き、全員がセンターステージに集合すると、ドロップの部分ではみんなでステージをグルグルと回ってみせる。

ジェニーハイ(撮影=鳥居洋介)

 一転、メインステージに戻って、イッキュウの「ジェニーハイです。今日はよろしくお願いします!」という呼びかけから始まった“夏嵐”では、軽快なバンドアンサンブルに乗せて、せつなさと開放感が入り混じったメロディーが広い会場に響き渡る。やはり、このラップとバンドの二面性はジェニーハイの大きな魅力だ。くっきー!の「ライブハウス、ぴあアリーナへようこそ!」から、ライブ前半は“ランデブーに逃避行”、“コクーンさん”とバンド演奏の曲を続け、もはや「異色」ではない、ライブバンドとしての堂々とした姿を見せていった。

 “ダイエッター典子”では8人の「典子さん」(という名目のダンサー)が登場し、曲に合わせてエクササイズ風のダンスを披露。さらに、イッキュウの「私は今までたくさんバイトをしましたが、一度もバイトリーダーにはなれませんでした」というMCから、“バイトリーダー典子”を続けると、今度はメンバーと同じコンビニの制服を着た「典子さん」たちがセンターステージに現れ、バイト中の姿を模したような演劇調の振り付けで魅了する。

 新垣がコンビニの入店音を即興で作るといったやりとりのMCを挟み、ライブ中盤はラップコーナー。人気曲“ジェニーハイラプソディー”で場内を盛り上げると、センターステージに移動して披露された“愛しのジェニー”では歌詞の〈背筋ピン〉に合わせて背筋を伸ばすメンバーの姿に笑いが起こる。“ジェニーハイボックス”でボックスを踏むと、ここからはもう一度バンドセットに戻って、“グータラ節”、“ルービックラブ”と続けて行く。センターステージにはルービック芸人のパーフェクト・ダブル・シュレッダー門野鉄平が登場し、演奏中に次々とルービックキューブを完成させる様子に大きな拍手が起こっていた。

 ここでメンバーが「一旦休憩」とステージを後にすると、なんとスペシャルゲストとして登場したのはロバートの3人。「地方CMソングのレコーディング」のコントで大きな笑いを生み、最後はお馴染みの身体モノマネも披露する大サービスっぷりを見せた。

ロバート(撮影=鳥居洋介)

 さらに、“不便な可愛げ”ではBiSHのアイナ・ジ・エンドが登場。イッキュウの真っ直ぐな歌声に、アイナのハスキーな歌声が加わり、楽曲に新たな表情を生み出していたのは流石の一言だ。

アイナ・ジ・エンド(撮影=八尾武志)

 このままライブ後半ではバンド演奏を畳み掛け、ロックナンバーの“卓球モンキー”では小籔がアグレッシブなドラムを叩き、川谷とくっきー!は背中を合わせて楽しそうに演奏し、イッキュウによるモノローグのパートでは、新垣が現代音楽的なピアノで印象的なシーンを作り出してみせる。また、“シャミナミ”では一人センターステージに立ったイッキュウがキュートな魅力を振り撒き、ジェニーハイの始まりの曲である“片目で異常に恋してる”を続けると、最後に披露されたのはバラードの“まるで幸せ”。スクリーンには過去の様々なシーンの写真が映し出され、フロアではたくさんのペンライトが揺れる感動的な光景の中、本編が幕を閉じた。

 アンコールではジェニーハイの本当のプロデューサーを名乗る「ノギ」に扮したロバート・秋山竜次が登場し、メンバーとのトークを繰り広げると、センターステージで“ジェニースター”が披露され、新垣がソロのラップを繰り出すと、ここでも大きな拍手が起こる。そして、もう一度センターステージに戻ると、この日最後のゲスト・ちゃんみなが登場。ジェニーハイ結成のきっかけになった番組で共演経験のある小籔との思い出話では穏やかな雰囲気だったが、コラボした“華奢なリップ”が始まると、ちゃんみなの表情がパッと変わり、妖艶なステージングを見せる。

ノギとジェニーハイ(撮影=鳥居洋介)

 曲の後半ではリップをモチーフにした赤いテープが舞い散る中、イッキュウとちゃんみなが手を繋いでセンターステージへと歩いて行き、歌とラップで場内を大いに盛り上げ、この日のハイライトを作り出すと、最後はゲストが全員集合して大団円。演奏も演出もゲストもトークも実に盛りだくさんの、約2時間半のワンマンライブだった。

ちゃんみな(撮影=八尾武志)

セットリスト

ジェニーハイ アリーナ単独公演 「アリーナジェニー」

2021.9.25 ぴあアリーナMM

1.ジェニーハイのテーマ
2.夏嵐
3.ランデブーに逃避行
4.コクーンさん
5.ダイエッター典子
6.バイトリーダー典子
7.ジェニーハイラプソディ
8.愛しのジェニー
9.ジェニーハイボックス
10.グータラ節
11.ルービックラブ

(ゲスト・ロバートによるコント「レコーディング」)

12.不便な可愛げ feat.アイナ・ジ・エンド
13.卓球モンキー
14.シャミナミ
15.片目で異常に恋してる
16.まるで幸せ

EN1.ジェニースター
EN2.華奢なリップ feat.ちゃんみな

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)