先日、自身が製作した彫刻作品が「二科展」に入選し話題となった、テノール歌手の秋川雅史が8日、東京オペラシティで「千の風になってコンサート~聴いてよく分かるクラシック3~」を開催した。

 今回のコンサートは、昨年の9月に同所にて行われる予定だったコンサートの振替公演として開催され、「昨年の3月に、このオペラシティの隣にある新国立劇場にて行われる予定だったオペラ『トゥーランドット』への出演が決まっていたのですが、コロナの影響で一週間前に中止。そして、9月にここオペラシティで予定していた私の単独公演も残念ながら中止となり、非常に辛い思いをしていましたが、ようやく今日、皆様の前で歌うことが出来て、本当にうれしく思っています」と感慨深く語り、「ですからコンサートが出来ない間は、ステイホームで木を彫り続けていました」と笑顔を見せ、観客から大きな拍手を受けた。

 近年秋川雅史は、「聴いてよく分かるクラシック」と題したコンサートを積極的に行っており、この日も、クラシックや音楽の世界を楽しく学べるトークと歌でステージを構成。「歌劇『椿姫』より〜燃える心を〜」、「アヴェ・マリア」、「砂山」、「イヨマンテの夜」といったクラシックや日本の名曲と共に、その曲の歴史的背景や作曲家のエピソード、さらには思わず人に話したくなる秘話など、秋川持ち前の軽妙なトークとテノールの歌声を披露し観客を唸らせた。

 また、「見上げてごらん夜の星を」や、「乾杯」といったポップスのカヴァー曲も披露。「私の歌う『千の風になって』は秋川雅史の歌だと思われている方も多いと思いますが、この曲はそもそもカヴァー曲なのです。最初に、この曲を作られた新井満さんが歌われ、その後多くの方が歌われましたが、私もその一人です」とコメントし、2006年に発売され130万枚のヒットとなり社会現象となった「千の風になって」を朗々と歌い上げ、コンサートを締めくくった。

 鳴りやまないアンコールの中、再び登場した秋川は、「今日コンサートを行うことが出来たので、これからがまたスタートです。そして、今が人生で一番若い時だと思って、これからも色々なことに挑戦していきたいと思います。私が彫刻を始めたのは43歳の時でしたが、実はこれから“陸上”に挑戦しようと思っています。50歳を超える大会で100m走に出場するべく練習しています。意外と足は速いんですよ!」と、彫刻に続いて意外な挑戦を考えていることを明かし、会場を大いに沸かせた。

 「千の風になって」が大ヒットした15年前は38歳。あれから15年が経ち、現在53歳となったテノール歌手秋川雅史は、常々自身の体を“楽器”と称しているが、時間が経つことで響きや味わいが変わる楽器のように、まさに「心技体」ともに充実した、秋川自身から生まれる歌声をこれからも響かせていくことだろう。

 なお、「千の風になって」の発売から15年を記念し、これまでに発売された様々なアレンジによる「千の風になって」が収録された『千の風になって・十五周年記念盤』が9月8日に発売され、これまで秋川雅史がリリースした作品のサブスクでの配信も解禁。さらには、コーラスグループのベイビーブーと共にYouTube番組「よくわかる音楽塾」をスタートさせ話題となっている。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)