いきものがかり、約6年ぶりとなる有観客ツアー「いきものがかりの みなさん、こんにつあー!! THE LIVE 2021!!!」のファイナル公演が6月11日に、彼らの地元でもある神奈川県・横浜アリーナで開催された。感染症対策を考慮し、国の定めるガイドラインに沿って行われた本公演は事前にチケットがsoldout。先日メンバーの山下穂尊がこの夏にグループから離れることが発表され、最後となる3人のいきものがかりのライブ公演に多くのファンが駆けつけた。

 開演時間を迎えると、会場のスクリーンにはOpeningのドキュメンタリー映像が。有観客ツアーのファイナル公演に向けた、メンバー各々の想いやメッセージが映し出され、いよいよ始まるライブへの緊張感が高まるなか、観客席からの大きな拍手が送られた中でいきものがかりの3人がステージに登場すると、早速披露されたのはメンバーが高校生のころから存在する楽曲「からくり」。続いて、「茜色の約束」「SING!」を披露すると終了後のMCでツアーの定番となっている「こんにつあ~!」のコール&レスポンスが。観客からのレスポンスは拍手という、コロナ渦ならではの状況の中でも、会場に覆っていた緊張感が解け、一気に一体感に包まれた。

吉岡聖恵(撮影=岸田哲平)

 メンバーMCに続き、「アイデンティティ」、昨年夏にリリースされた「きらきらにひかる」、ライブでは定番となっている「夏・コイ」では男子メンバーも共に歌唱。続くMCパートでは、水野良樹・山下穂尊による男子メンバートークも。観客席へも言葉を投げかけたり、いきものがかり3人の持ち味でもあるラフでアットホームなトークが終わると、最新アルバム「WHO?」からライブでは初披露となる「ええじゃないか」(映画「妖怪大戦争ガーディアンズ」主題歌)で会場を沸かせた。

水野良樹(撮影=岸田哲平)

 続いて「太陽」を披露し、彼らの代表曲でもある「YELL」、熱量溢れるバンドアレンジが印象的な「コイスルオトメ」が披露されるとライブのボルテージは一気に最高潮に。「BAKU」「ブルーバード」「気まぐれロマンティック」を立て続けにパフォーマンスし、「じょいふる」では「22周年だよ!22回ジャンプ行くよ!」とメンバーと観客が一緒にジャンプし会場が一つに。

 本編最後は「風が吹いている」を披露し、メンバーは会場を後にした。

 アンコールでは「TSUZUKU」山下の代表曲である「心の花を咲かせよう」を披露したのち、「ありがとう」を披露。MCでは「一曲やり残した曲があるので最後にやってもいいですか?」という言葉と共に、いきものがかりのメンバー3人で山下穂尊が高校生の頃に制作した楽曲「地球」(読み:ほし)を披露。「本当に、本当にありがとうございました。いきものがかりでした!」という言葉と共に、フィナーレを迎えた。

山下穂尊(撮影=岸田哲平)

 3人が去った後も鳴りやまない拍手の中、再び会場にメンバーが登場。Wアンコールで彼らのデビュー楽曲「SAKURA」を長年バンドメンバーたちと共に披露。いきものがかり3人での最後のステージが幕を閉じた。

 また、本公演はライブ配信も行っており、SNS上では「最高のステージをありがとうーーーー」「愛情豊かであたたかなLIVEだった」といった投稿が寄せられるなど大反響が!各LIVE配信プラットフォームで、6月18日18:29までアーカイブ視聴も可能となっている。

いきものがかり(撮影=岸田哲平)

 そして、この日の模様に加え、貴重なインタビュー映像などを加えたスペシャルプログラム「いきものがかりの みなさん、こんにつあー!! THE LIVE!!!~LIVE&DOCUMENTARY」が7月25日(日)夜6:00~WOWOWプライムで放送、WOWOWオンデマンドで配信されることが決定した。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)