コアラモード.が29日、デビュー5周年を記念してのワンマンライブ「We Are Coalamode.!!2020~こりゃどーもフェスタ~」が、彼らの地元横浜で開催された。

 これまでの感謝を込めて、コアラモード.史上最大規模での実施を予定していたが新型コロナウィルスの影響で、約半分のキャパでの開催となった。

 当日は、「拝啓、5年後の私」からライブはスタート。続く「メモリーズ」と演奏し「「We Are Coalamode.!!2020~こりゃどーもフェスタ~」へようこそ!!来てくれてありがとう!! この日を迎えられて本当に嬉しいです。盛り上がっていきましょう!」と、あんにゅが挨拶をすると声援が送れない分、大きな拍手で観客が応えた。

あんにゅ(撮影=新倉映見)

 Tik Tokで注目を浴びた「さくらぼっち」や「夕焼けのファインダー」「Hurray!(フレー!)」を次々に歌唱。

 コアラモード.は2人でライブを実施することも多いが、今回のワンマンライブではデビュー当初から2人を支えてくれているバンドメンバーによって、よりパワーアップした楽曲でオーディエンスに届けていく。

小幡康裕(撮影=新倉映見)

 次に、現在tvk『ハマナビ』のエンディング・テーマとして放送されている、最新曲「アンダンテ」を初披露。爽快なシティポップを取り入れたディスコビートサウンドが会場に響き渡った。彼らの多面的でカラフルなサウンドによって、オーディエンスの心を揺さぶりながらライブは進行していく。終盤戦では、「大旋風」やコアラモード.のメジャーデビュー曲「七色シンフォニー」を演奏し5周年の感謝の気持ちを込めた楽曲「あなたに会えて」で本編は終了した。

 鳴り止まない拍手で再び登場したメンバー。

 アンコールの1曲目はユーモア溢れる楽曲「We Are Coalamode.!!」。そしてMCでは、NEWシングル「ネモフィラ」の発売決定(2021年2月17日)と、同曲が1月クールのTVアニメ「俺だけ入れる隠しダンジョン」のエンディング・テーマとして起用されることが、発表されると会場からは大きな大きな拍手が沸き起こった。

 「ネモフィラ」は同アニメのために書き下ろした楽曲で、人と人の絆歌ったミディアムナンバー。爽やかな風を感じるコアラモード.デビュー6周年を踏み出すのにふさわしい楽曲だ。

 また今回、ライブ参加に断念した人や、会場で一緒に歌いたかった人のために「コアラモード.ワンマンライブ We Are Coalamode.!!2020~こりゃどーもフェスタ~Xmas特別編」と題し、今日のライブの模様をオリジナル編集した特別編の配信を12月19日(土)に実施することも発表した。

 当日は、メンバーふたりも生登場する予定だ。

 続いて、緊急事態宣言中に配信した、小幡のインスタライブの“制作実況“”で話題となった未発表曲「いとしさぶんの距離」を初披露。そして、ラストはコアラモード.2人だけによる「未来」を演奏し、コアラモード.の5周年を記念するワンマンライブは大盛況に幕を閉じた。

 無事に記念ライブを終わらせることができたコアラモード.、彼らの6周年の活躍にも期待が高まる。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)