ジャニーズの5人組グループ・A.B.C-Zが、自身初のCDシングルで1位を獲得した。9月30日に発売された「Moonlight walker」が初週8万枚を売り上げ、12日付オリコン週間シングルランキングで初登場1位となった。

 アクロバティックかつ華麗なダンスが持ち味のA.B.C-Zは、その魅力を最大限に伝えるべく、過去に7作のDVDシングルを発表。2012年2月発売の初DVDシングル「Za ABC〜5stars」を筆頭に、通算5作の1位を記録してきた。

 数々の実績を積み重ねるなかで、今年5月に発売された2作目のCDアルバム『A.B.Sea Market』で初のアルバム1位を獲得。今作では、文字通りの満を持しての“CDシングルデビュー”となったが、初陣を1位で飾ってみせた。

 橋本良亮、戸塚祥太、河合郁人、五関晃一、塚田僚一の5人で活動するA.B.C-Zにとって、記念碑的作品となる同シングルの作曲は馬飼野康二が担当。キャッチーなメロディーと、それに映える彼らの最大の武器であるダンスを引っ提げ、グループの新章に突入する。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)