ヒップホップMCのZeebraやK DUB SHINEたちは5日、自身のツイッターやインスタグラムで、日本のヒップホップシーンを支え続けたDEV LARGE(デブラージ)さんが逝去したことを明らかにした。急逝の訃報に触れ、各方面から続々と追悼のメッセージを送られている。

 Zeebraはツイッターで、DEV LARGEさんとの思い出を振り返りつつその死を惜しんだ。その上で、「代わりにみんなで歌うよ。天国でゆっくり休日を楽しんでね。偉大なる音楽家Dev Large。今までありがとう。これからもよろしくね」と綴り、感謝の気持ちを込めて追悼のメッセージを寄せた。

 K DUB SHINEは自身のインスタグラムを更新。「長年の友人であり、ライバルでもあり、同志でもあった世界に誇る日本のヒップホッパー、デブラージが昨日早朝天に召された」と報告。そして、「容体が良くないのは聞いてたが奇跡が起こるのを信じていた。残念すぎる。早すぎる。音楽界にとってもとてつもなく大きな損失だ」と惜別の心境を綴り、DEV LARGEとの2ショット写真を掲載している。

 R&Bシンガーの清水翔太もツイッターを更新。「大好きなラッパーが…。これからも聞き続けます」と短めの文章の中に故人への敬愛を偲ばせ、OKAMOTO’Sのベーシスト、ハマ・オカモトは「こないだのツアーファイナル 楽屋で人間発電所歌ってたんだよ、みんなで。残念です」と、突然の報に触れて驚きを隠せない心境で哀悼している。

 DEV LARGEさんへの追悼のメッセージは、ツイッターで各方面から続々と寄せられた。

 お笑い芸人のあばれる君は、三島 a.k.a.潮フェッショナルの追悼メッセージをリツイートする形で、「信じられないっす」と言葉を失くした。

 さらに、俳優の浅野忠信は、「先輩いなかったら日本語ラップ深く聞かなかったです」と、DEV LARGEさんがきっかけで日本語ラップに傾倒したことを明かした。その上で、「ありがとうございました!!」と感謝を込めて冥福を祈り、ライブ中と思われるDEV LARGEさんの写真を掲載している。

 ツイッターなどネット上でも、“安らかに眠れ”の意味を持つ「RIP」(英語でrest in peace の略)のワードが続々と寄せられ、DEV LARGEさんの冥福を祈っている。

 DEV LARGEさんは、プロデューサー、DJ、M.Cなど幅広い顔を持つヒップホッパー。ヒップホップユニット「BUDDHA BRAND」のリーダーを務め、1996年に「人間発電所」をリリースし、注目を集めた。1998年には自身のレーベル「EL DORADO RECORDS」を立ち上げ。アーティストの育成にも力を入れるなど、日本のヒップホップシーンを陰に陽に支えてきた。

Photos

none...

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)