【第72回NHK紅白歌合戦/12月31日/国際フォーラム】初出場のSnow Manが、「D.D.」を披露した。

 昨年初出場が決まっていたものの、メンバーの新型コロナ感染で出場は辞退。一年越しの紅白ステージに、先日行われた会見では「ファンの皆様とともに自分たちのエネルギッシュなパフォーマンスを今年は去年の分も含めてお伝えしていきたい」と意気込みを語ったSnow Man。

 歌唱前にメンバーの目黒蓮は「みんなの想いをぶつけたい」と語り、披露された「D.D.」は2020年1月にリリースされたデビュー曲で、前回できなかった分をリベンジしたいと、“リベンジ「D.D.」”とも話していたパフォーマンスだ。

 アグレッシブな9人のダンスと歌は、ここまでの想いをすべてをぶつけるかのような、まさに全身全霊の鮮烈なステージでお茶の間を魅了した。司会のを務める大泉洋も「格好よかったよ〜!」と、言葉を掛けた。

 このパフォーマンスにSNSでは「感無量で言葉が出ません」、「声も出ないほど最高だった」、「魂のこもったDD泣けた」と、反響を集めた。

この記事の写真

ありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)