なにわ男子が、12日放送のテレビ朝日系音楽番組『ミュージックステーション』2時間スペシャルに出演し「初心LOVE(うぶらぶ)」をパフォーマンスした。この日CDデビュー日だったなにわ男子にKinKi Kidsからサプライズメッセージも送られ、特別なデビュー日となった。

 この日は彼らのCDデビューの日。デビューイベントを終え、2時間スペシャルの生放送に出演したなにわ男子。番組では「キラキラだけも個性的」と、7人をより詳しく知ることが出来るコーナーで彼らの魅力を伝えた。

 デビュー曲の「初心LOVE(うぶらぶ)」は関ジャニ∞の大倉忠義がプロデュース。司会を務めるタモリが大倉のプロデュースぶりをメンバーに尋ねると「的確なアドバイスをくれます」と道枝駿佑。逆にその大倉がなにわ男子の楽屋に来てよく寝ていることが高橋恭平から暴露されると、大倉は「すみませんでした」と真顔で謝り、スタジオは笑いに包まれた。そして、関ジャニ∞の丸山隆平と藤原丈一郎は仲が良く、関ジャニ∞の新曲「稲妻ブルース」にちなんだ「稲妻ゲーム」を藤原が考案。そのゲームで遊んでいるとのことで2人で実演すると、スタジオは失笑。

 そんなほっこりするようなトークコーナーに続いて関ジャニ∞が、新曲「稲妻ブルース」をパフォーマンス。続いて、なにわ男子がスタンバイしているところに大倉が「サプライズがあります」と話すと、ジャニーズ初の関西出身グループであるKinKi KidsがVTRで登場し、お祝いメッセージを送った。ワイプに映るなにわ男子のメンバーはサプライズに驚きを隠せない様子。

 堂本剛は「キラキラした全てを全国に解き放って欲しい」と話せば、堂本光一は「まず、なにわ男子というグループ名...ドン被りやないか!」と、なにわ男子とKinKi Kidsがほぼ同じ意味の名前だと突っ込む場面も。この後、デビュー曲を歌うなにわ男子に光一は「何かやらかした方がいいぞ。後々の思い出になる」と話し、剛は「自分たちらしく歌ってくれれば」と、それぞれアドバイスを送った。

 そのサプライズメッセージに、西畑大吾が「すごく嬉しいです。緊張していますが、今から精一杯歌わせていただきたいと思います」と述べ、屋上に設置された特設ステージから東京の夜景をバックに「初心LOVE(うぶらぶ)」を披露。キラキラとした笑顔全開で、彼らの持ち味を最大限に活かしたパフォーマンスで魅了した。

 SNS上では、「デビュー日に最高のパフォーマンスでした」、「歌ってる姿見て1人でボロボロ泣いてしまった」など、多くの反響を集めた。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)