BTSの「Permission to Dance」と「DNA」が10月25日、日本レコード協会が発表した9月のストリーミング認定で、「プラチナ」認定作品リストに名前をあげた。

 「Permission to Dance」と「DNA」はいずれも累積再生回数1億回を突破し、「プラチナ」認定を受けた。 今年7月9日に公開された「Permission to Dance」は軽快で楽しいダンスポップジャンルで、「ダンスは自由に許可なく思う存分踊ってもいい」というメッセージが込められた曲だ。

 「DNA」は2017年9月に発売された『LOVE YOURSELF 承 'Her'』のタイトル曲で、エレクトロポップベースの中毒性のある口笛の音とアコースティックなギターサウンドが調和する曲だ。

 日本レコード協会は曲の累積再生回数に応じてシルバー(3,000万回以上)、ゴールド(5,000万回以上)、プラチナ(1億回以上)、ダイヤモンド(5億回以上)に分けて毎月認定し、公式ホームページを通して発表している。

 一方、BTSのシングルCD『Butter』が累積出荷量25万枚を突破してアルバム部門で日本レコード協会の7月の「プラチナ」認定作品リストに名前をあげた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)