昨年デビュー40周年を迎え、「松田聖子の”これまで(過去)”と“これから(未来)”が楽しめるアルバム」というコンセプトで、新曲と名曲セルフカバーをレコードのA面B面のように5曲ずつ収録したアルバムの最新作、続□40周年記念アルバム(□は白抜きハートマーク)「SEIKO MATSUDA 2021」が10月20日に発売。そのアルバムに収録される、財津和夫と再びタッグを組んだ新曲「私の愛」のミュージックビデオを公開した。

【動画】公開された「私の愛」のミュージックビデオ

 今作は作詞作曲共に財津和夫が手掛けており、”ファンの皆さんに聖子さんの気持ちを”うた”で届ける”ことをテーマに制作され、曲中で繰り返される印象的な”LOVE”のフレーズは、松田聖子と共にファンの皆さんが一緒に”LOVE”と歌う、客席からのレスポンスをイメージしているという。いつかコロナに打ち勝って、コンサートでこの曲をファンの皆さんと一緒に歌いたいと願う、そんな二人の想いが込められている。

「SEIKO MATSUDA 2021」初回盤ジャケ写

 今作も自ら主演と監督手掛けており、注目は、温かみのあるバンドサウンドを象徴するシーンとして、自らがドラムを演奏しながら歌う姿を披露している。また”LOVE”というキーワードを象徴するように、可愛らしいたくさんのワンちゃん達も登場し、楽曲世界に華を添えている。

 新曲「私の愛」は、財津和夫が初めて曲と詞両方を手掛けた楽曲で、松田聖子と財津和夫、この二人のタッグは、80年代に「チェリーブラッサム」「夏の扉」「白いパラソル」「野ばらのエチュード」など、人々の記憶に残る数々の名曲を生み出して来た。

 昨年、松田聖子40周年記念アルバムで、作詞:松田聖子、作曲:財津和夫による、実に37年ぶりとなる新曲「風に向かう一輪の花」を発表。ファンの皆さんへの感謝を綴ったメッセージソングは多くの人々に支持され、同曲が収録された「SEIKO MATSUDA 2020」は、2020/10/1付および2020/10/3付オリコンデイリーアルバムランキング1位、2020/10/12付オリコン週間アルバムランキング3位を記録、現在もロングヒットを継続中。

 アルバムの初回限定盤と豪華・完全限定盤ボックスセットの特典として、全収録曲それぞれの思い入れや制作コンセプトを松田聖子自ら解説する「VOICEライナーノーツ」も収録されている。

 なお、豪華・完全版ボックスセット(限定生産)は、「SEIKO MATSUDA 2020」「SEIKO MATSUDA 2021」周年記念アルバム2作のアナログLPレコードも同封されおり、そのジャケットも2作の貴重写真を組み合わせたデザインとなっている。

 更に、同時発売となる「SEIKO MATSUDA 2020 Deluxe Edition」は、新録した名曲セルフカバー「蒼いフォトグラフ〜Photography of yesterdays」を追加収録した数量限定生産のデラックス盤。松田聖子が手書きで書下したキュートなイラストが冠されたスリーブジャケットとなっている。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)