“楽器を持たないパンクバンド”BiSHが、9月22日、9月23日の2daysで、宮城セキスイハイムスーパーアリーナでのワンマンライブ「BiSH SPARKS “Get out of boredomZ” EPiSODE 1」を開催した。本公演のアフタームービーがBiSHオフィシャルツイッター・YouTubeアカウントで公開された。

【動画】公開された「BiSH SPARKS “Get out of boredomZ” EPiSODE 1」アフタームービー

 7月に大阪で行われた「BiSH SPARKS “My BiSH Forever” EPiSODE 6」同様、オープニング映像から本編がスタート。「BiSH-星が瞬く夜に-」でアリーナ後方から登場したメンバーは、花道を駆け巡りながらメインステージに集結し、8月にリリースされたばかりのMajor 4th Album『GOiNG TO DESTRUCTiON』の一曲目に収録されている「CAN WE STiLL BE??」をライブ初披露した。本楽曲は、「破壊」をテーマにした4thアルバムを象徴するような一曲になっており、アルバムリリース後初の単独公演に相応しい幕開けとなった。

Photo by sotobayashikenta

 ライブ中盤では仙台の名物である牛タンをネタにしたBiSH恒例のコントも披露され、なんとハシヤスメ・アツコによる「オーケストラ」牛タン替え歌バージョンも披露された。

 そんな和やかな雰囲気から一転、4thアルバムの新曲であり、BiSHらしいロック・サウンドと力強く真っ直ぐな歌声が特徴の「STACKiNG」で会場の空気を一変させ、「SMACK baby SMACK」「遂に死」などライブの定番曲で畳み掛ける。

 終盤のMCではリンリンが、8月の活動休止期間を経て、再びメンバー6人揃ってライブ活動が出来ることへの喜びを涙ながらに語り、アユニ・Dが作詞をつとめた「STAR」へとつなげた。

Photo by sotobayashikenta

 アンコールの最後には「ALL YOU NEED is LOVE」を披露し、会場を埋め尽くした清掃員(BiSHファンの総称)から大きな拍手を浴びながら、2日間に渡る宮城セキスイハイムスーパーアリーナ公演は幕を閉じた。

 そんな本公演のアフタームービーがBiSHオフィシャルツイッター・YouTubeアカウントで公開されている。

Photo by sotobayashikenta
Directed by エリザベス宮地

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)