BTSが20日、「未来世代と文化のための大統領特別使節」の資格で第76回国連総会の開会演説を終えた後に行われた「SDGモーメント」のインタビューが国連公式YouTubeチャンネルを通じて公開。

 BTSは20日に開催された国連総会特別イベント「SDGモーメント」の開会セッションで青年と未来世代を代表し彼らの声を伝えた。7人のメンバーは演説直後、国連との「SDGモーメント」インタビューで今回の演説の背景とSDGsに対する所信を明らかにした。 国連グローバルコミュニケーション局事務次長メリッサ・フレミングが進行するインタビューにはムン・ジェイン(文在寅)大統領も出席した。

 BTSの国連演説は2018年と2020年に続き今回が3回目で、今年は「特別使節」の資格で参加した。 BTSはインタビューで「国連(総会長)出席は2回目で、オンラインを含めて演説は3回目だ。 初めてではないが、緊張している。」とし「身に余る光栄であると同時に責任感を持っている。今回は大統領特使として出席したが、全世界の未来世代に投げかけた質問に答え、彼らの立場をすべての世代に伝えることができるように努力した。 機会をくださったすべての方々に感謝する。」と感想を伝えた。

 フレミング事務次長は「SDGsがBTSと世界に重要な理由」について尋ね、BTSは「世の中には僕たちが今直面しているパンデミックのように多様な困難と危機がある。SDGsは、現在の世代と未来の世代のバランスを取るための、皆が公平な恩恵を享受するために設定された共同の目標だと考える。 われわれは現在の世代であると同時に、今後を生きる日が多い未来世代でもあるため、SDGsについて重要に考え、責任感を持っている。」と明らかにした。

BTS Photo by UN YouTube

 BTSはファンに送るメッセージやSDGsに関する期待に対する質問には「今回、未来世代の様々な意見と回答を見ながら、パンデミックな状況にもかかわらず夢と情熱を持って前向きに生きていく方々が多いことを改めて感じた。 われわれは'ロストジェネレーション'ではなく'ウェルカムジェネレーション'である。」とし「着実に努力しながら解決していき、より良い未来に向かって進もう。」と答えた。

 ムン・ジェイン大統領も同様に、今回のインタビューでSDGsが重要な理由などについて説明した。 特に、BTSを特使に任命した理由と期待についても明らかにした。 ムン・ジェイン大統領は「BTSは最高のアーティストで、パンデミックで苦しむ世界の若者たちに共感と希望のメッセージを伝えた。」とし「受けた愛を善良な影響力として返すことに特別な点があると思う。 未来世代、若い世代の声を代弁し、彼らがより活発に参加できるように導き出す役割を果たすと期待し、特別使節に任命して同行することになった。」と述べた。

 「未来世代と文化のための大統領特別使節」に任命されたBTSは、第76回国連総会での演説や「SDGモーメント」のインタビューをはじめ、メトロポリタン美術館での韓国室訪問、アメリカABC放送のインタビューなど、活発な特使活動を行っている。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)