先日、自身が製作した彫刻作品が「二科展」に入選し、彫刻家としての才能が大きな話題となったテノール歌手の秋川雅史が、今度は「音楽の先生」となって『音楽』の世界を解りやすく解説するYouTube番組『よくわかる音楽塾』を5人組コーラスグループのベイビーブーと共にスタートさせた。

秋川雅史は、2006年に発売された「千の風になって」が話題となり、その年末の「第57回NHK紅白歌合戦」に出場。翌年、社会現象となるほどの大きな反響となり130万枚を超える大ヒットを記録。

今年、その「千の風になって」の発売から15周年を迎え、「千の風になって」十五周年記念盤が9月8日に発売されるが、この15年間の活動の中で秋川雅史がコンサートで取り組んできたことが、「クラシックの世界や音楽を解りやすく伝える」ということ。

「千の風になって」十五周年記念盤ジャケ写

秋川雅史のコンサートは、圧倒的な声量で聞かせるテノールの歌声はさることながら、子供から大人まで世代を問わず音楽の世界が楽しくわかるトークパート「クラシック(音楽)講座」も人気で、近年では、「聴いてよくわかるクラシック」と題したコンサートを積極に行い、今年からこの趣旨のコンサートで47都道府県を回ることを発表している。

その秋川雅史が、これまでコンサートでも共演してきたコーラスグループのベイビーブーと共に、この度『よくわかる音楽塾』としてYouTubeでの番組をスタート。第一回目となる今回は、「音楽の三要素」における『メロディ―とハーモニーの関係』を音楽大学出身で確かな音楽知識を持つ秋川が塾長となり、持ち前の軽妙なトークで解説。瞬時に「声」によるコーラスワークで音楽を表現できるベイビーブーとの相性も抜群で、まさに世代を問わず音楽が楽しく学べる内容となっている。

『よくわかる音楽塾』

今回の番組開始にあたり秋川は、「数学や化学と違い、音楽は“学ぶ”のではなく“楽しむ”ことが大事だと思います。授業で歌うことが恥ずかしいとか、譜面が苦手とか、とにかく音楽がよくわからないと思っている子供たちにも、解りやすく音楽の世界を解説していきます」とコメント。また、助手役としてサポートするベイビーブーのシノブは、「幾つになっても学ぶことは楽しいです。僕も長く音楽をやっていますが、この番組で新たに知ることも多いです。視聴者の皆さんと一緒に音楽を知って楽しむ。そんな番組を秋川さんとベイビーブーで作れたらと思っています。どこでも歌えるベイビーブーの本領発揮です!」と意欲を語った。

今後も、第二弾、第三弾の公開も決定している。

■YouTube番組「秋川雅史とベイビーブーのよくわかる音楽塾」#1

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)