松本人志と中居正広が、29日放送中のフジテレビ系大型特番『FNSラフ&ミュージック~歌と笑いの祭典~第2夜』(18:59〜23:09)のオープニングで、「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」を熱唱し、ネットで大きな反響を集めた。

 フジテレビ系『FNSラフ&ミュージック~歌と笑いの祭典~』は“歌と笑いの融合”をテーマとし、28、29日の2夜連続で合計約9時間生放送される大型特番。

 「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」のイントロに乗って、アメリカ国旗柄の衣装で真剣な面持ちで登場した松本と中居。マイクの前に立ちパフォーマンスした2人だが、なんとも絶妙!?なハーモニーで終始展開。同番組のサポーターを務めるナインティナインの矢部浩之は「まとめると地獄の『YOUNG MAN』でした」と評した。

 松本も自身の歌唱に対して「『YOUNG MAN』ってこんなに憂鬱を吹き飛ばさないんだね」と冗談を交えたコメントに、「お茶の間は吹き飛びましたよ」と出演者らがフォロー入れるなど、番組スタートから大いに盛り上げた。

 SNSでは「中居くんのヤングマン可愛い!!」、「オープニングのヤングマン、最高だったわ!」、「放送事故レベルのヤングマン、圧巻でした笑笑」など、大きな反響を集めていた。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)