Perfumeが14日と15日、横浜・ぴあアリーナMMで約1年半ぶりのライブ『Perfume LIVE 2021 [polygon wave]』を開催した。

 ライブは厳格なコロナ感染症要望対策のもと実施され、14日の公演終了後にはNHK「ライブ・エール2021」生中継、15日のライブでは全国の映画館でライブビューイングも行われた。

 Perfumeのライブは、2020年2月に新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2日目公演が開催当日に急遽中止となった東京ドームでの「Perfume 8th Tour 2020 “P Cubed” in Dome」以来、約1年半ぶりの有観客公演となり、Perfumeメンバーたちの想いもひとしおで、のっちは「出てきた瞬間から、皆様の拍手が不思議と声に聞こえて、本当に力をもらえます。ライブってみんなと一緒に空間で作るものなんだなと実感してます。」

 かしゆかは「本当にここに来ることを決断した人も、ライブに行かないと決断した人も、行けるはずだったチケットも持ってたけど前日まで悩んでやめたという人も、たくさんいたと思います。その人たち誰も間違ってないし、誰も悪くないから。お互いそれぞれの正解を選んで、今いる場所を選んでますから、お互いにその意見を尊重して楽しんで、優しい空気でいきましょ。」と呼びかけた。

 「私たちも、いろんな気持ちを持ったまま、ここに立っています。でもせっかくだし、楽しんでみようと思ったけどどうですか?」とあ〜ちゃんが呼びかけると、客席からは大きな拍手が沸き起こり、それに対しあ〜ちゃんは「本物の拍手は違うな〜。なんだろう・・・、このばーっと湧き上がるパワーは・・・。みんなからもらえるその拍手と、その魂が私たちに響いて、すべてがエナジーとなって今まで1年半自分どこにおったんじゃろうなっていう・・・蘇生する感じ!本当にみんなのおかげでPerfumeになれています。」と涙を滲ませながら語った。

 またPerfumeライブ恒例のコールアンドレスポンスは、「私たちで新時代のライブを作っていきましょう!そのための合図を決めます!」とメンバーが扇動し、グーでバンザイ、パーでバンザイ、ピースなど形を変え声を出さなくてもメンバーと会場全体が一体になれる新しいコ―ルアンドレスポンスが誕生した。

 ライブは、新曲の「ポリゴンウェイヴ」や代表曲の「ポリリズム」など全18曲を披露し、大盛況で幕を閉じた。

 なお、今年の秋から東京・石川・名古屋・兵庫・広島の5か所を廻る、Reframeツアーの開催が決定しており、PerfumeオフィシャルSNSではメンバーのコメント投稿されている。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)