いきものがかりが14日、最新のアーティスト写真を公開した。

【写真】レコーディングスタジオで笑顔を見せる吉岡聖恵と水野良樹

 新たな体制でのスタートに向け、今一度メンバーの中心にある「音楽」をコンセプトに、作品を作り上げるために欠かせない場であるレコーディングスタジオでの風景を今夏撮影。写真家である濱田英明氏が手掛けたビジュアルは、今後のグループとしての活動へ期待感溢れるものに仕上がった。

 いきものがかりのメンバー、水野良樹は『3人が2人になって「頑張らなきゃいけない、気合い入れていかなきゃいけない」と肩ひじ張っていたんですが、いざ吉岡と水野でカメラの前に並んでみたら案外、気持ちは軽くて、笑えてきてしまって。そのときにふっと流れた“始まりの予感”そのものを撮っていただいた写真になりました。素直に音楽に向き合えそうです。これからも、いきものがかりをよろしくお願いします。』とコメント。

 8月14日放送の『ライブ・エール2021』で新体制後初のTV出演し、「YELL」を歌唱。8月20日には『ミュージックステーション SUMMER FES』への出演が決定しており、「TSUZUKU」のパフォーマンスを控えている。

【濱田英明 プロフィール】

写真家。1977年、兵庫県淡路島生まれ。2012年、35歳でデザイナーからフォトグラファーに転身。
同年12月、写真集『Haru and Mina』を台湾で出版。2019年、写真集『DISTANT DRUMS』(私家版)を出版。
雑誌や広告撮影など幅広く活動中。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)