BTSが28日、日本レコード協会から全5曲について新規で「プラチナ」、「ゴールド」、「シルバー」の認定を受けた。

 28日、日本レコード協会が発表した6月認定作品リストに、BTSの5つの曲が名を連ねた。

 2019年4月に発表された「Boy With Luv (feat. Halsey)」は累積再生数1億回を突破して「プラチナ」認定を獲得し、『LOVE YOURSELF 結 'Answer'』のタイトル曲「IDOL」(2018年8月)、日本オリジナル曲「Film out」(2021年4月)、デジタルシングル「Butter」(2021年5月)がそれぞれ5,000万回以上の累積再生数で「ゴールド」認定を獲得した。2015年4月に公開された『花様年華 pt.1』のタイトル曲「I NEED U」は、累積再生数3,000万回以上で「シルバー」認定作品となった。

 日本レコード協会は曲の累積再生回数によってシルバー(3,000万回以上)、ゴールド(5,000万回以上)、プラチナ(1億回以上)、ダイヤモンド(5億回以上)に区分し、毎月公式ホームページを通じて認定する。

 BTSは今年5月に日本レコード協会から「プラチナ」の認定を受けた日本4thアルバム『MAP OF THE SOUL : 7 ~THE JOURNEY~』のタイトル曲「Stay Gold」(2020年7月)を含め、今年に入ってすでに6曲が認定されている。

 一方、BTSは、レコードの累積出荷量としても、日本レコード協会の「ミリオン」認定(7月9日発表)を獲得している。 今年6月16日に発売された日本のベストアルバム『BTS, THE BEST』が出荷総数100万枚を突破、「ミリオン」という認定を受けたが、日本レコード協会から今年「ミリオン」という認定を受けたアーティストはBTSだけだ。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)