AIとSixTONESの京本大我が、17日放送中のTBS系音楽特番『音楽の日2021』(午後2時からよる9時54分)で初のコラボレーションを果たした。

 2人は、珠玉の映画名シーンと共に人気ディズニーソングを歌いつなぐ特別企画“ディズニーメドレー”に登場。アニメーション映画『アラジン』で用いられたバラード曲「A Whole New World」を歌唱すると、ネット上で大きな反響を集めた。

 『アラジン』の名シーンが流れたあと、京本大我の優しいハイトーンボイスが楽曲の世界観に誘う。そしてAIの力強くも温かな歌声が、「A Whole New World」の魅力をより一層引き立てる。2人がハモるシーンでは、向き合って歌唱。見つめ合い、手を差し出しながら歌う姿は、まるで“アラジン”と“ジャスミン”のよう。最後は、両者ともに拍手を送り合って、お互いの健闘を称え合った。

 SNS上では、「まさかの英語版で驚き!」「ディズニーメドレー大好き」「地の底から湧き上がるおふたりの歌声!最高のアラジンでした!」「京本くん高音綺麗」「AIさんがジャスミンに見えた」との声が寄せられていた。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)