7月11日より7週間連続リリースをスタートさせている平井大の新曲「MIRROR MIRROR」(読み:ミラーミラー)が、「ABEMA(アベマ)」で7月20日(火)夜10時より放送を開始する、ABEMAオリジナルシリーズ新作ドキュメンタリー番組『普通の女子高生だったはずの私が 16才でママになって知ったことは、』の主題歌に決定した。

 番組は、2019年にABEMAの恋愛番組『今日、好きになりました。ハワイ編』への参加をきっかけに、いまや日本一のSNSフォロワー数を誇る女子高生として注目されている現役女子高生・“まやりん”こと重川茉弥とその家庭・“しゅんまや夫婦”に密着したドキュメンタリー番組。15歳で妊娠、16歳で結婚と出産を経験した彼女の素顔や、今まで語られることのなかった苦悩や葛藤、今だからこそ話せる本音に迫る内容になっている。

(C)AbemaTV,Inc.

 今回主題歌に決定した「MIRROR MIRROR」は、「キミが笑えばボクも笑う」という歌詞でも表現されている通り、鏡のように映し合う互いの幸せを願った共感必至のラブソング。まやりんの心情にも寄り添う、平井 大らしい一曲になっている。

「MIRROR MIRROR」ジャケ写

 「MIRROR MIRROR」は、この夏の7週連続配信“Sunday Goods -Special Summer Edition-”の第3弾(2021年連続配信第8弾)として7月25日(日)に配信リリースが決定。本日12日(月)からは、リリースに先駆けてTikTok、Instagramミュージックスタンプにて先行配信がスタート、さらに歌詞も歌詞検索サービス「歌ネット」で先行公開されている。

平井大コメント

昨年からはじまった新しい生活様式。
仕事から遊びまで、色々なことが変わった。
もちろん恋愛も例外ではないだろう。
様々な困難が待ち受ける中、諦める理由なら沢山ある。
僕が勇気づけられたのは、ラブソングを背景に恋の記録をソーシャルメディアに上げ続けたカップル達の姿だった。
どのような状況下でも、ピュアな愛こそが希望となることを改めて教えられた。
共に笑い、共に泣き、まるでお互いのココロを写す鏡の様な関係は、きっとこの時代を生きる僕らの支えになるだろう。
純な愛を育み、懸命に生きる全てのカップルに捧げる一曲。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)