“唄い屋”清木場俊介がデビュー20周年を記念し、9月20日(月・祝)に山口県・KDDI 維新ホールで『KIYOKIBA SHUNSUKE 20TH ANNIVERSARY LIVE “BIRTH”』を開催することをが7月9日、わかった。

 2020年1月13日(月祝) 福岡県 福岡市民会館 大ホールにて行われたホールツアー『KIYOKIBA SHUNSUKE ROCK&SOUL 2019-2020 “CHANGE”』の最終公演以来、フルバンド編成で1年8ヶ月ぶりとなる有観客ライブに臨む。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、清木場は、昨年7月より開催予定であったライブハウスツアーが中止、今年2月開催予定であった日本武道館公演、6月からキャンピングカーで全国を巡る予定であったファンクラブイベントが延期となっており、その中でも配信公演を軸に活動を行なっていた。

 本公演のタイトルにもある通り、清木場は2001年9月27日にEXILEのボーカルとしてデビューをし、今年で20周年を迎える。2006年にグループを離れてからはライブハウスやホールなど多種多様な会場やライブ形態で精力的に全国ツアーを行い、ロックアーティストとしての地位を確立してきた。オフィシャルインスタグラムでは、清木場コールが湧き上がる中、「2001.09.27」から「2021.09.27」へとカウントアップしていき、20周年ライブへの期待を煽るトレーラーが展開されている。また、トレーラーの最後には、本公演を記念して「“あの日”の映像を初公開!」という気になる謳い文句も書かれている。チケット受付など詳細は後日発表される。

ライブ情報

■■KIYOKIBA SHUNSUKE 20TH ANNIVERSARY LIVE “BIRTH”
■開催日
2021年9月20日(月祝)
■会場
山口県・KDDI 維新ホール
※チケット受付など詳細は後日発表

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)