SixTONESが、3日放送の日本テレビ系 夏の音楽の祭典『THE MUSIC DAY』に出演。8月11日にリリースする新曲「マスカラ」をテレビ初披露すると、ネット上で大きな反響を集めた。

 同曲の作詞・作曲を担当するのは、King Gnuの常田大希。ライブツアー『on eST』(読み:オン エスト)のMC内でサプライズ発表されると、ファンの間で大きな話題となっていた。

 パフォーマンス前には「止まらないこと」を聞かれ、メンバーの松村北斗が「先日のライブのMCを、スタッフさんからやっちゃダメだよと言われているのに、予定の倍やってしまった」と明かす場面も。すると、MCの櫻井翔も「倍はダメよ!」とツッコミを入れる。

そして、「その夜、焼肉弁当が出て、蓋を開けたらお米と漬物だけになってたんですよ。スタッフさんからバツです、と」と続けると、会場が笑いに包まれた。

 パフォーマンスでは、最初にデビュー曲「Imitation Rain」を披露。続いて、テレビ初披露の新曲「マスカラ」を歌唱した。トーク時とのギャップを感じさせる憂いを纏った大人な表情を見せ、“終わりがあるのなら始まらなきゃ良かったなんて”という切ない歌詞を見事に表現した6人。

 SNS上では、「全体的に天才でした」「最高すぎマスカラ」という声や、楽曲提供をしたKing Gnu常田に対して、「常田さん、素敵な歌をありがとうございます」「さすが常田さん!」という感謝の声が上がっていた。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)