CANDY VOICE一周年記念として配信の始まったASMR音声作品「Dead of Dead 〜こんなヒーローになるくらいなら死んだほうがマシかもしれない〜」の第2弾が6月28日0時から配信されることが24日、わかった。それに先駆けてキービジュアルが解禁。キャラクターは大きな話題を呼んだ第一弾の「上木流奈(かみきるな)」に続き、第2弾は「新田鈴(にったべる)」であることも同時に発表された。

 ASMRとストーリーを融合させた作品性や、人気声優の起用により度々Twitterでトレンド入りするなど、大きな話題を呼んだクリエイティブサークル“CANDY VOICE”の作品が公開されて一年。「ねこぐらし。」シリーズや、電車×ASMRとして人気となった「いやでんっ!」シリーズなどASMR業界を牽引してきたCANDY VOICEだが、今回の新作はかなりクレイジーなものであるようだ。

 新シリーズ「Dead of Dead〜こんなヒーローになるくらいなら死んだほうがマシかもしれない」では“DeDe”(読み方:デデ)と呼ばれるゾンビに食べられるという、“食人音”という新たなASMRを表現し、前人未踏の”食べられ体験”が味わえる内容となっている。

 更に1周年記念として、人気シリーズ「ねこぐらし。」に登場したキャラ12匹集合イラストのF6キャンバスアートのちびキャラ版と通常キャラ版の2種類の商品予約販売を6月21日(月)に開始した。また、今まで配信してきたASMRシリーズのコンプリートセットを週変わりで50%OFFにて購入できる他、単品でも全商品を期間限定で30%OFFするなどのキャンペーンも始まり、この機会にASMRの世界に足を踏み入れてみるのも良いかもしれない。キャンペーン期間は7月5日まで。

※ASMRとは、人が聴覚や視覚への刺激によって感じる、心地良い、脳がゾワゾワするといった反応・感覚のことを言い、最近ではASMRに関する音源や動画がYouTubeやInstagramなど、数多く投稿され人気を呼んでいる。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)