米津玄師が16日リリースしたニューシングル「Pale Blue」。すでに発表されている、法人特典“Pale Blueフレグランス”の中に、もうひとつ秘密の“ギミックカード”が同封されていることが分かりSNSで話題になった。

 “ギミックカード”はペールブルー1色の紙で、“Pale Blueフレグランス”とともに、袋に同封。一見何の印字もないように見えるこの紙は、水に浸すと、米津本人が描き下ろしたイラストとメッセージが浮き出てくる不思議なカードで、乾かすとイラストとメッセージも消える、何度も水に浸して楽しめる特殊仕様となっている。

 6月4日のMV公開時には、ペールブルー1色の画像による“デジタルギミックレター”と、#PaleBlueLetterを米津本人がSNSへ投稿し、MV公開時間の予告をしたことは記憶に新しいが、今回はリアルな“アナログギミックレター”として、CDを手に取ったユーザーに届けられた。

本人Twitter投稿画像

 CDを手にしたユーザーは、この紙の存在にすかさず匂わせを感じ取り、解読の方法をSNSで投げかけ合った。SNSでは、「何か仕掛けあるの!?」「何かに透かす?」「折り紙?」など、多くの解読案が投稿されたが、仕掛けに気づいた人が現れ、ネタバレしないような優しい形で解読方法が瞬く間に拡散。「勇気を出して水に浸して」「米津さんからのレターに涙がとまらない」「イラストが浮かび上がって消えるなんて、ロマンチック」「米津さんの投稿、全てが何かの伏線」などの反応で、大きな盛り上がりを見せた。

アナログギミックカード

 「Pale Blue」は、6/14付オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキングで今年度最高DL数を記録、6/21付でも1位を獲得し2週連続1位に。MVは、13日連続でYouTube「音楽急上昇1位」を記録、現在1,500万再生超え。

 法人特典として発表されていたオリジナルの香りをカードフレグランスという形に落とし込んだ”Pale Blueフレグランス”に加え、手元に届いたアナログギミックレター。五感を刺激する作品に更にエッセンスが加わり、発売週を彩る形となった。

 また現在、東京スカイツリー(R)では「Pale Blue」特別ライティングに加え、天望デッキ「SKYTREE ROUND THEATER(R)」においてMV上映が開催中。「Pale Blue」が主題歌のTBS系 金曜ドラマ『リコカツ』では、重要な局面で登場する東京スカイツリー。咲と紘一を祝福するかのように、東京スカイツリーを淡く切ない「Pale Blue」のイメージで彩る特別ライティングと、255°をぐるりと囲む超パノラマスクリーンに、夜景と共に映し出される圧巻MVの上映は、期間限定となる。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)