シンガー海蔵亮太が6月12日、大手町三井ホールで『海蔵亮太 LIVE 2021「僕が歌う理由(わけ)」』と題した、約1年半振りの有観客ワンマンライブを開催し、その中で、3rdシングル「誰そ彼」(読み:たそがれ、8月25日発売)リリースを発表、初歌唱披露した。

 この日のライブは、最新アルバム「僕が歌う理由(わけ)」のリリースを記念して開催され、この季節にぴったりなアルバム収録曲「紫陽花」からスタート。

海蔵亮太(撮影=森 久)

 コロナ禍で医療従事者、介護関係者に向けた応援ソング 「Everyday Heroes」、K-POP調にアレンジされた海蔵亮太の真骨頂「Believe in you」、「秘密」、リスペクトして止まないシンガー、サム・スミスの「ステイ・ウィズ・ミー 〜そばにいてほしい」日本語カバーなど、アルバム収録曲が次々と披露した。

 途中、自身が出演するYouTubeの偏見コメントがきっかけで生まれた、SNS時代の匿名コメントに一石を投じたメッセージソング「サイコパスのうた」を、バンドセットで初ライブ披露すると、会場からはこの日一番の拍手が沸いた。

海蔵亮太(撮影=森 久)

 ライブ後半では、アッパーなライブの人気曲「Stripes」、「イッショケンメイ」が続き、本編最後には「応援してくれる皆さんがいること、本当にありがとうございます。
また季節が巡って、皆さんのマスクが取れて、皆さんと近い距離で、楽しい時間を沢山作って行けたらと思っています。どうか健康に気をつけて、毎日を笑顔で過ごしてもらえたら嬉しいです。」と感謝のMCに続いて、初めて海蔵亮太が鮎川めぐみとの共作で作詞を担当し、自分にとって大切な事は何か?自分がなぜ歌い続けるのか?という、シンガーとしてのアイデンティティに迫ったアルバムタイトル曲 「僕が歌う理由(わけ)」を熱唱した。

 鳴り止まない拍手に応えて再び登場した海蔵亮太は、「ライブを僕自身すごい楽しんでいます。本当にありがとうございます。」と改めて感謝の言葉を述べると、デビューシングル「愛のカタチ」をキーボードと海蔵亮太のみで、しっとりと歌い上げた。

海蔵亮太(撮影=森 久)

 そして、この日のライブ最後に、3rdシングル「誰そ彼」を8月25日にリリースすることを発表すると、改めて会場から大きな拍手が沸き、同曲を初披露し、この日のライブを締め括った。

 なお、3rdシングル「誰そ彼」TYPE-Aに付属するDVDには、この日のライブが収録される予定。

セットリスト

海蔵亮太 LIVE 2021 僕が歌う理由(わけ)
2021 年 6 月 12 日(土) 東京:大手町三井ホール

1. 紫陽花
2. Story
3. Everyday Heroes
4. Believe in you
5. 秘密
6. ステイ・ウィズ・ミー ~そばにいてほしい
7. アイシテル×アイシテル
8. 素敵な人よ
9. サイコパスのうた
10. しゃぼん玉
11. Stripes
12. イッショケンメイ
13. 僕が歌う理由(わけ)

EC1. 愛のカタチ
EC2. 誰そ彼

リリース情報

海蔵亮太
3rdシングル「誰そ彼」(読み:たそがれ)
2021年8月25日発売

TYPE-A (CD+DVD) CRCP-10466 \3,850(税抜価格\3,500)
TYPE-B (CD) CRCP-10467 定価\1,200(税抜価格\1,091)

●TYPE-A
CD
1.誰そ彼
2.サイコパスのうた
3.繋がってる...
4.誰そ彼(オリジナル・カラオケ)

DVD
海蔵亮太 LIVE 2021「僕が歌う理由(わけ)」
@大手町三井ホール (2021.06.12) 収録予定

●TYPE-B
CD
1.誰そ彼
2.サイコパスのうた
3.エイリアンズ
4.誰そ彼(オリジナル・カラオケ)

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)