シンガーソングライターのmilet(ミレイ)が5日、初となる全国ホールツアー「milet 1st tour SEVENTH HEAVEN」を神奈川・ハーモニーホール座間を皮切りにスタートした。

 miletは、昨年6月にリリースした1stフルアルバム『eyes』がBillboard JAPAN “HOT ALBUMS”で2週連続で1位を獲得、その後も8週連続でTOP10入りを果たすなどロングセールスを記録。ゴールドディスクにも認定された。そして2020年末にはデビューから僅か1年半というスピードでNHK総合「第71回NHK紅白歌合戦」に初出演を果たすなど、破竹の勢いで活躍中のシンガーソングライター。

 そんなmiletがようやく初の全国ツアー開催を実現。昨年も開催の予定があったのだが、コロナの影響を受け、断腸の思いで2度中止していた。3度目の正直となった今ツアーは、まさしくファンが待ち焦がれた待望のツアーなのだ。

 そんな今回のLIVEは、セットリスト・演出・衣装・グッズデザイン等、miletが何度もスタッフと話し作り上げたLIVEになっているという。感染対策も万全のもと開催され、ファンも拍手・タオルを振る・体を揺らすなど込み上がる上がる気持ちを思い思いにカタチにし盛り上げていた。

milet(撮影:後藤壮太郎)

 中でも現在公開中の『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』の主題歌となっている「checkmate」ではイキってたぎったmiletを魅せます、と言っていただけに大注目な内容になっており、ファンも大きな盛り上がりを見せていた。

 MCでは「デビュー2年を経てようやく実現できた全国ツアー。嬉しくして仕方ありません!みなさんを音楽の天国へ連れて行こうと思い名付けたツアータイトルSEVENTH HEAVEN。逆に私が皆さんに天国に連れてこられちゃいました」とコメントし、思わず感極まる場面もみられた。

 いよいよスタートしたmiletの全国ホールツアーは、この後も京都・北海道・宮城・福岡・広島・愛知・大阪・新潟・兵庫・東京と、残り10か所を7月まで駆け抜ける。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)