昨年10月に「Dingga」「AYA」を相次いでリリースし、アルバムごとに多彩な姿を披露してきたMAMAMOOが、デビュー7周年を迎え『Where Are We(WAW)』プロジェクトをスタートさせた。

 その名からも分かるように、ガールズグループのMAMAMOOが7年間を駆け経験した数多くのこと、今感じている率直な感情と未来に対する考えなどを表現する予定だ。その始まりを予告して発表した11枚目のミニアルバム「WAW」は叙事詩の序幕を華やかに飾った。6月2日に韓国で配信スタートと共にWorldWide iTunes Album Chartで初登場1位になるなど各所でヒットする中、日本でも配信がスタートした。

 MAMAMOOの11枚目のミニアルバム「WAW」の「Where Are We」は、7年という時間を黙々とまた力強く歩んできた季節の中で、過ぎ去った多くのことをもう一度回想しながら「私たち」自らに質問を投げかける。 私が立っているここはどこなのか、これから進むべき道はどれだけ残っているのか…。 答えのない抽象的な質問ばかりだが、一つ確かなことは、どんな旅であれ一緒にいたということだ。

「WAW」

 タイトル曲「Where Are We Now」は、あなたと私が立っている街角の上から始まる。私たちは今どの時点に立っているのか分からないが、今この瞬間一緒にいて、数回の季節を経て、一緒に走ってきたそのきれいな日々に大切さと感謝を伝える。 そしてこれからどんな道が開かれるかは分からないが、遠くないそばで一緒に歩いていくことを歌う。 時にはそよ風のように静かに、時には飲み込むように雄大に調和を成すストリングサウンドに盛り込まれたMAMAMOOの爆発的なボーカルと豊かなハーモニーはリスナーたちの耳元を虜にするのに十分だ。

 11枚目のミニアルバム「WAW」はタイトル曲「Where Are We Now」をはじめ、すべての収録曲をバラードで満たし、MAMAMOOの声で感動を与えてくれる。意味を失った関係に別れを準備しながら淡々と歌う「Another Day」、過ぎ去った存在を消すために努力する切ない心情を叙情的メロディーに溶け込ませた「A Memory for Life」、以前の作品に収録され多くの愛を受けた「Destiny Part.2」をMAMAMOOの繊細なボーカルと美しいピアノの旋律と共に再編曲し収録している。そしてこのミニアルバムには、収録されていない5曲目と言える楽曲「Happier than Ever」も存在し、今後追加で公開される予定となっている。

 そして、タイトル曲「Where Are We Now」のMVは、特有の感覚的な色合いやストーリー展開が際立つHOBIN filmのホビン監督と息を合わせた。 独りだと思っていた深い寂しさの時間の中にいたが、スポットライトが世の中を照らし、その多くの光が一つになった時、私のそばには友達がずっと一緒にいたことに気づき、その舞台で一緒に歌う姿が感動とともに多くの思いを呼び起こす。

 MAMAMOOの11枚目のミニアルバム「WAW」は『Where Are We(WAW)』プロジェクトの最初のチャプターで、夏のコンサートとドキュメンタリーなどを順次公開する予定である。

情報詳細

11th Mini Album「WAW」
▼音楽ストリーミングサービスおよびiTunes Store、レコチョク、moraなど主要ダウンロードサービスにて6/3より随時配信スタート!
※対応ストリーミングサービス:Amazon Music Unlimited/HD、Apple Music、AWA、KKBOX、LINE MUSIC、mora qualitas、RecMusic、Rakuten Music、Spotify、YouTube Music、dヒッツ、うたパス、SMART USEN
※配信はこちら
https://jvcmusic.lnk.to/WAW

(収録曲)

Track 1. Where Are We Now
鼻先をくすぐる風が、切れるように冷たく変わる数回の季節を過ぎて、今立っているここはどこだろうか。座標のないどこかで迷っている私たち。 流麗なピアノメロディーの上に繰り広げられる奇縁微然たる疑問は、長いため息のような呼吸に乗せられている。 絶えず歩く人生で向き合う様々な感情を吹き荒れるメロディーラインに盛り込み、穏やかだが力のあるボーカルと歌詞に集中できる繊細なストリングサウンドが感動を与える。

Track 2. Another Day
明日の君に今日の私は別れを準備する。 ちょっとした言葉にも感情は鈍り、私の世界の全てだったあなたも黙っている。
乾いた花びらが再び満開できないように、私たちの意味が消えた関係をミニマルなサウンドの中で淡々としたボーカルで歌う。

Track 3. A Memory for Life
君の痕跡を消そうと努力するが、どれだけ多くの夜を過ごせばよくなるか分からないので、時間だけをぼやかして過ごす。 頑張ってみるが、再び訪れてくる暖かい痛みを、叙情的なメロディーやスローテンポのエレキギターサウンドに溶け込ませた。 ストレートな歌詞で固い気持ちを表現した。

Track 4. Destiny Part.2
昨年のMnet「クイーンダム」最後の競演で先行公開され、正規2集「reality in BLACK」に収録され、多くの愛を受けた「Destiny」を新たに編曲した。 速く強烈なビートに華麗なパフォーマンスが魅力的な原曲とは異なり、Destiny Part.2は穏やかに流れるピアノの旋律とMAMAMOOの繊細なボーカルの饗宴が印象的だ。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)