7月7日に初の提供曲セルフカバーアルバム「PERSONA #1」をリリースする大森靖子が30日、急遽配信したYouTubeライブでアルバム収録楽曲「瞬間最大me」に神聖かまってちゃん・の子がボーカル参加していることが発表された。

 2016年にリリースした「非国民的ヒーロー」以来のタッグとなる2人は「隊長」「大島」と互いのことを呼び合う関係性。

の子

 ライブ配信では、の子のボーカル参加発表直後に「瞬間最大me」を大森靖子がギターを持ち、早速初披露した。さらに、の子にギターをバトンタッチし「非国民的ヒーロー」も弾語りで披露し、配信終盤には神聖かまってちゃんの楽曲「フロントメモリー」を急遽演奏するなど、2人の息の合った、歌声の相性の良さをより一層感じさせる配信となった。

 アレンジャーには「非国民的ヒーロー」と同じく大久保薫を迎え、ドラムはピエール中野(凛として時雨)が担当した。また、「瞬間最大me」のMusic Video素材を配信をしながら撮影。

 現在、YouTube「街録ch」主題歌の新曲「Rude」を皮切りに7週連続先行配信がスタートしており、先行配信第三弾となる「瞬間最大me feat. の子(神聖かまってちゃん)」は6月2日よりリリースされる。

 なお、同日6月2日(水)に現在開催中の「えちえちDELETE TOUR」ファイナル公演が大森靖子シンガイアズバンド編成で、Zepp Tokyoで開催。

 このツアーファイナルはオンライン配信も行われることが決定しており、ZAIKOにてオンライン視聴チケットが販売中。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)