シンガーソングライターのあいみょんが、28日放送のテレビ朝日系音楽番組『MUSIC STATION』に登場した。5月26日にリリースされた新曲「愛を知るまでは」を歌唱した。

 あいみょんはこの日V6と初共演。17歳の時に大阪に初めて一人で観に行った舞台の主演が森田剛だったことを伝えると、森田は「本当に嬉しい」と笑顔。そして、好きなV6の曲に小学生の時に妹と一緒に歌っていたという2007年にリリースされた「HONEY BEAT」を挙げた。

 『カラオケで歌うと絶対にアガる曲』という同番組の企画では、フィンガー5の「学園天国」を選んだあいみょん。<ヘーイヘイヘイヘーイヘイ!>とレスポンスができるところと、自身の声が低いことから、高音に憧れていた、と同曲が好きな理由を明かした。SNSでは「あいみょんの学園天国めっちゃ聴きたい」、「今すぐにでもカバーしてほしい」と反響を集めていた。

 この日歌唱した「愛を知るまでは」は菅田将暉が主演ドラマ『コントが始まる』の主題歌として話題。衣装はブラウンカラーのチェック柄のジャケットとパンツのセットアップで、右肩から足先まで伸びるホワイトのラインが印象的。あいみょんはメジャーデビューして1年目の2017年、1番這い上がりたかった時に作っていたという同曲を、アコースティックギターと共に、芯のある歌声を響かせた。

 番組のエンディングではV6の井ノ原快彦に「歌詞間違えたらしいじゃない?」とツッコまれ、あいみょんは「すみません、やってしまいました。初めて歌詞間違えましたMステで」と謝ると、V6メンバーから「自分もだろ」と井ノ原もこの日歌唱した「僕らは まだ」で歌詞を飛ばしていたことをツッコまれる場面も。あいみょんは番組出演後にTwitterで「生放送、やっぱりいつも緊張する...井ノ原さんとなだめあいました」と報告した。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)