King & Princeが、21日放送のテレビ朝日系音楽番組『MUSIC STATION 2時間スペシャル』に登場。19日にリリースした最新曲「Magic Touch」を披露すると、ネット上で大きな反響を集めた。

 同曲は、ヒップホップ界の最強ダンサーであるメルビン・ティムティムが振り付けをしたナンバー。全編英語詞にも挑戦しており、彼らの新たな魅力が垣間見える楽曲だ。

 番組のオープニングでは、ポップピアニスト・ハラミちゃんがKing & Princeの楽曲「シンデレラガール」と「koi-wazurai」をメドレーで演奏。嬉しそうな表情を浮かべていた5人の姿が印象的だった。

 「Magic Touch」パフォーマンス前には、メンバー同士でわちゃわちゃと笑い合っていたが、曲がスタートするとキレキレなダンスを披露。色気を感じるパフォーマンスを見せた。SNS上では、「かっこ良すぎた!」「ギャップやばい」「今夜も最高だった!」との声が上がっていた。

 また、「聴くと恋したくなるジャニーズソング」を聞かれると、嵐「One Love」(高橋海人 ※高ははしごだか)、KinKi Kids「Misty」(平野紫耀)、NEWS「さくらガール」(永瀬廉)、KinKi Kids「シンデレラ・クリスマス」(神宮寺勇太)、嵐「Love so sweet」(岸優太)と五人五様の楽曲をチョイス。

 「キュンキュンする歌詞が何回聴いても心臓をバクバクさせてくれます」(高橋海人)

「アップテンポなメロディラインと切ない歌詞が本当にいい。料理で言うと、甘辛的なやみつきになる曲」(平野紫耀)

「歌詞とかメロディとかすごく好きで、とくにサビがいいなと思ってます」(永瀬廉)

「冬になったら必ず聴きます。僕は、車のなかからイルミネーションを見ながら聴き、KinKi Kidsさんになれた気持ちになってます」(神宮寺勇太)

「当時、給食の時間によく流れていて。この頃好きだった子がトマト嫌いだったんですよ。けど、自分もわざと嫌いなフリをしてその子にあげたりしていました。恋ですね。この曲こそが、恋を表しています!」(岸優太)

 とそれぞれ楽曲の魅力をアピールした。

 これにも、「Love so sweetが給食で流れてたのめっちゃ分かる!」「さくらガールいい歌だよね」「キンプリのチョイス全部いい!」と反響が上がっていた。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)