ユーチューバーのすずしょうとが5月12日、1stシングル「RGB」をリリース。しょう(長男・25歳)、こう(次男・20歳)、すず(三男・18歳)の3兄弟。2015年10月、三男すずがHIKAKINに憧れ、長男しょうと共にYouTubeチャンネル開設。その後、2018年にUUUMに加入し、2019年にはチャンネル登録者30万人を突破した。今回リリースされる1stシングル「RGB」は3人をイメージした色とりどりの4曲を収録。インタビューでは歌手デビューの心境から、音楽活動の中でコラボしたいアーティストについて、夢を叶えていくためのコツなど多岐に亘り個性豊かな3人に迫った。【取材・撮影=村上順一】

意思を受け継いで出来たら

――歌手デビューが決まった時はどんな気持ちでしたか。

しょう 視聴者さんからも歌手活動のリクエストはいただいていて、すごくやりたかったことだったので「やったー!」という嬉しい気持ちと、「大丈夫かな...」というちょっと不安な気持ちがありました。ユーチューバーの中でも歌手デビューというのはそんなに多くないことだと思っていますし、すずの夢でもあったので本当に嬉しいです。

しょう

すず 最初にCDデビューの話を聞いた時は、「本当に僕が出していいの?」という感じでした。いま僕は18歳なんですけど、10代のうちにデビュー出来るとは思っていなかったので本当に驚いています。

――その日の夜は眠れました?

すず これからどんなことが起こるんだろう、と興奮とワクワク感でその日の夜はあまり眠れなかったです。

――こうさんはどんな心境でした?

こう 僕の中では「大丈夫かな」という気持ちが10割で...。僕はどちらかというとライブでも観客として観たい方なのでいまだに不安です...。

こう

しょう 不安10割(笑)。僕らは本当にそこら辺にいる普通の3兄弟で、いきなりCDデビューというのは不安もありました。

――ちなみにこうさんの夢は?

こう 自分の夢は特になくて、2人がやりたい事を叶えていくのが僕の夢なのかなと...。そうでもないかもしれないので、自分でもまだよくわかっていないんですけど。

しょう そこは2人の夢を叶えるでいいじゃない(笑)。

――こうやって話していてもそれぞれカラーがあって、今回の「RGB」というタイトルにもリンクする感じがあります。

しょう ありがとうございます。今回CDに収録された楽曲は僕ら3人をイメージしたものになっているんです。カップリングの「キミイロ」はキラキラしたイメージで僕なんですけど、「WeeK!!!」はこうのモーニングルーティンみたいな曲になっていたり。

すず 目が覚めて起きたところから歌詞が始まっているからね。

しょう 「WeeK!!!」は一番寄り添った歌詞になっていると思うんです。

――「WeeK!!!」の歌詞にある<シャイな シャイな 僕が>はまさにこうさんを表しているなと思いました。

こう 本当だ! いま気づきました(笑)。あと僕は靴が好きなんですけど、それもしっかり入れてくれていて。

――そういったお気に入りも入っていて。これは事前にアンケートとかあったんですか。

しょう そういったものは全然なくて、作曲/作詞家さんの方が僕らのYouTubeを観て書いてくださったんじゃないかなと思います。歌詞を見たときリンクするところがたくさんあってビックリしましたから。

すず 最初の動画から全部観てくれたんじゃないかと思うくらい。

すず

――YouTubeでも登場されるお母さんが歌詞を書いているパターンもあったりして(笑)。

しょう もう本当にそんなレベルです。実はもともと歌手志望だった母が、全曲歌詞を書く案もありました。僕らがこれまでYouTubeで発表した5曲は母が書いているんです。でも今回はあえてプロの方に全部お任せしてみたらどうなるんだろうと思いました。

――お母さん、歌手を目指されていたんですね。

しょう そうなんです。それで僕らが受け継ぐといったら大袈裟かもしれないですけど、その気持ちも少しあって。母ができなかったことを僕らが意思を受け継いで、活動出来たらいいなと思っています。

ラップだけで2時間半

――みなさんが歌詞の制作に参加された部分もあったり?

すず 過去にYouTubeの方で「曖昧me」という楽曲でラップに挑戦したことがありました。僕が「Prism」でラップに挑戦させていただいたんですけど、そこの歌詞は僕が考えて作りました。どんなことを書こうかと考えた時に3人のこと、「僕らは日本人やで!」というのをテーマに書きたいと思いました。それが面白くもありカッコいいんじゃないかなと思って。

――レコーディングはそれぞれいかがでしたか。

しょう 歌は兵庫県のスタジオで録ったんですけど、これまでは友達の家で録っていたので、本格的に楽曲を作れたことが嬉しかったです。2日間泊まり込みでレコーディングしたんですけど、ちょっと合宿みたいな雰囲気もあって楽しかったです。

こう 僕は学校が終わってその足で直接レコーディングスタジオに向かったんですけど、楽しかったです。

――やっぱり大変でしたか。

しょう すずのラップは時間かかってたよね?

すず なんで言っちゃうの! 「一発で録りました」って話そうと思ってたのに(笑)。実際はこのラップだけで2時間半くらいかかったんですけど…。

一同 (笑)。

――時間が掛かった理由は?

すず 歌詞を書いてお渡しするまで3週間ぐらいかかって、そこからまた少し歌詞を書き換えたり作り直したりしたので余計に難しくなってしまって。
レコーディングはみんなに見られながらするのは照れくさくて、なかなかうまく録れませんでした。

しょう いつも一人でぶつぶつ言っていたものが、いろんな大人の方に見られて緊張したんだよね(笑)。余談なんですけどスマホのデータがすずと共有になっていて、ずっとすずが一人で歌っているのをみて面白いなあと思いました。

すず テイク30くらい録って(笑)。

――でも、その苦労の甲斐もあってカッコいいラップが録れて良かったですね。

すず 良かったです。この「Prism」はダンスも披露する予定なので、皆さん楽しみにしていてください。

――そのダンスはお客さんも一緒にできそうな感じですか。

しょう 「Prism」よりは「RGB」で一体感のある振り付けをしているので、楽しんでもらえたらなと思っています。「Prism」は本格的な魅せるダンスを頑張ってます。普段の僕らとのギャップを見せることができたらいいなと思っています。

3人がコラボしたい人とは

すずしょうと

――デビューされてこれからやってみたいことはありますか。

しょう いろんな人とのコラボをやってみたいです。YouTubeから出てきた平凡な3兄弟が、アーティストさんとコラボしたら面白いかなと思っていて。

――どんな方とコラボしてみたいですか。

しょう 僕はボカロPのナユタン星人さんとコラボしてみたいです。有名なアニメの楽曲も手がけている方なんです。憧れの方と一緒にできたらもっといろんな人に見てもらうことができるんじゃないかなと思っています。

こう 高校生の時からずっと好きで聴いているRADWIMPSさんとコラボできたら嬉しいです。

しょう 昔はそんなに音楽を聴いているイメージはなかったんですけど、RADWIMPSさんを聴き始めてからすごく音楽に興味を持って、どんどん詳しくなっていって。

こう 今ではもう音楽を聴くことが趣味になりました。RADWIMPSさんをきっかけにどんどん広がって色んな曲を聴くようになりました。

しょう 割と次に流行りそうな曲を聴いているよね。YOASOBIさんとかいち早く聴いていましたし。こうはTikTokで音楽を聴いている事が多いんですけど、「TikTokは音楽を探すアプリだ」と話していたのも印象的で。一見興味がないような表情をしているんですけど、音楽に関してはすごく好きなんだろうなというのは伝わってきます。

――こうさんが作曲するというのも面白そうですね。

こう 曲を作るのは難しそうなので視聴する方でお願いします(笑)。

――すずさんはいかがですか。

すず 僕は米津玄師さんです。曲を聴くたびに天才すぎると思っていて。本当に夢なんですけど「パプリカ」のような曲を一緒に歌いたいです。あと昔から尊敬しているHIKAKINさん、SEIKINさんとコラボしたいです! HIKAKINさんがいなかったからYouTubeも始めていなかったかもしれないくらい影響を受けています。

――しょうさんがその夢を後押ししてあげて。

しょう すずがまだ中学生ぐらいの時だったので誰か背中を押してくれる人がいないと、なかなかスタートできないだろうなと思いました。音楽を作りたい、アーティストになりたい、動画を作りたいとなっても、若い頃はただ妄想して終わってしまうじゃないですか。その一歩をちゃんと踏み出させてあげたかったんです。考えたらそれをできるのは自分しかいないと思って。思い立ったが吉日じゃないですけど、すぐに始めました。

すず 兄弟がいるのでみんなを巻き込んで何かやりたいなと思っていました。HIKAKINさんがカメラとパソコンがあればユーチューバーになれると話していたので、お兄ちゃんがパソコンを持っていたので、何とかなるかなぁと。カメラは後から・・。本当はひとりでやるのが嫌だっただけなんですけど(笑)。

夢を叶えるコツ

――今回の歌手デビューもそうなんですけど、夢を実現していくコツみたいなものはありますか。

こう 前を向き続ける、常に上を向いていけば夢は叶うんじゃないかなと思います。

しょう 全然響いてこないわ(笑)。

――(笑)。すずさんはいかがですか。

すず 僕は夢を話すことだと思います。身内でも友達でもいいんですけど、いつかこうなりたいというイメージを話すんです。それはどんな些細なことでもよくて、そうすることでいつか実現するんじゃないかなと思っています。

しょう 僕はいま観てくれている視聴者さんに楽しんでもらうというのが一番大事で、どれだけ皆さんのことを思って活動できるかというのがあります。こうやってCDをリリースできるのも、取材していただけているのも視聴者の皆さんに見てもらいたい、という思いが強いので活動できていると思うんです。その結果、夢を叶えていけているのかもしれないなと感じています。

――最後に「RGB」の歌詞に5年後も10年後もというフレーズがあるんですけど、皆さん10年後にはどんな風になっていたいですか。

すず 僕は昨日の自分を超えられるように頑張りたいです。10年後に今よりちょっとでも変わっていたら、それだけでもポジティブなことになるので、今以上に走り続けられていたら嬉しいです!

こう パン屋かラーメン屋をやっているかもしれないんですけど、10年後も今のように自由に楽しい日が続いていたら嬉しいです。今のように寝て起きてを繰り返す、30歳になった僕もきっと満足していると思います。

しょう 具体的なことは描けていないんですけど、その時に自分がちゃんと面白いと思えていることが出来ていればいいなと思います。それに加えて、僕らが面白いと思えるものがスケールアップしていたら嬉しいです。YouTubeは1年後、明日のこともわからないので、地道にやっていく中で10年後にすごいことが出来ていたら最高です。あと、めちゃくちゃ個人的なことなんですけど、10年後に一軒家を3つ繋げた“三軒屋”を作れていたらいいなと。週末にみんなでバーベキューとかしたいんです(笑)。

(おわり)

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)