シンガーソングライターの高橋優が10日、ライフスタイルWEBマガジン「GOODA(グーダ)」で連載中の「大人の好きなモノ語り」シリーズに登場した。

 「大人の好きなモノ語り」は、ミュージシャンに“モノへのこだわり”を深堀りする連載。今回登場する高橋優は、もともと趣味らしい趣味がなく、モノへのこだわりもあまりないタイプだという。

 そんな高橋が、コロナ禍で新たに始めた趣味が「フィルムカメラ」。ジム帰りの15分にあえて“カメラタイム”をつくっている理由や、被写体へのこだわり、ここ最近変わってきたという“モノとの向き合い方”について語っている。

 そのほか、ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』のオープニングテーマ曲となっているシングル『ever since』に込めた思いや、自身の父親との(ちょっと、いやかなり驚く)エピソードも展開。高橋優の、飾らない気さくな人柄が垣間見えるインタビューとなっている。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)