“グローバルヤングパワー”NCT DREAMが10日、初となるフルアルバム『Hot Sauce』を同日18時にリリース。アルバム発売を記念したオンライン記者懇談会を開催した。司会はNCTのドヨンが務めた。

 今回のアルバムはタイトル曲「Hot Sauce」をはじめ、多彩なジャンルの計10曲で構成されていて、NCT DREAMの個性溢れる音楽を存分に楽しめる。ユ・ヨンジン、KENZIE、DEEZ、Moonshine、ミンジション(minGtion)などグローバル的なヒットメーカーが参加し、完成度を高めており、メンバーのマーク、ジェノ、ジェミン、チソンもラップメイキングに参加し、さらなる魅力を加わった作品になっている。

 記者懇談会がスタートすると、メンバーそれぞれの挨拶からアルバムに収録された曲をいくつか紹介。

NCT DREAM

 まず「Dive Into You」が会場に流れるとノリノリで聴き入るメンバー。「僕たちらしいミディアムR&Bの曲で、歌詞は僕らとみんなの関係を海とクジラに喩えて“君の胸の中に飛び込んでいきたい”という気持ちを込めています」と説明した。

 続いての「Diggity'」は「未知の世界へ向けて共に冒険を始めようという、僕らのヤングなエネルギーを感じてもらえる曲で、とても中毒性があります」と話、「Rocket」は「ファンキーでレトロポップな楽しい曲で、夏にピッタリな楽曲です。宇宙をステージにして羽ばたきたいという抱負が込めらています」と語った。「ANL」についてマークは「“ANL”とはALL NIGHT LONGの意味で、すごく好きな曲です。レコーディングもすごく楽しくしました」。

 「Irreplaceable」についてヘチャンは「僕が一番好きな曲です。僕が人生の主人公という歌詞が非常にワクワクするラブソングです。爽やかな春に聴いていただくのが良いと思います。音域が高いのでボーカルのスキルが要求される曲でたくさん練習しました。努力した甲斐もありカッコよくできたので誇らしいです」。

 「Rainbow」についてジェミンは「僕ら7人で虹のような美しいページを新しく作っていこうという曲です。このアルバムでどんなことを伝えたいのか聞いていただいたんですけど、作詞家の方がそのポイントを活かして綺麗にまとめてくださいました。急ピッチで書いたんですけどすごく調和した歌詞になったと思います」。チソンは「すごく暖かい雰囲気を感じました。レコーディングブースで聴いた時に歌詞の一つが共感できることで胸がいっぱいになりました」と話した。

 そして、サビのチャンティングと、チルなバイブでミニマルなトラックのコントラストが目立つアフロビートジャンルのヒップホップナンバーの表題曲「Hot Sauce」についてジェミンは、「曲のタイトルが“味”なんですけど、真の味、強烈な味、熱い味を感じてもらいたいとストレートに表現しました。歌詞も刺激的だけれど、一度味わうとそこから抜け出せなくなる、NCT DREAMの魅力を見せたいというメッセージを込めました」と述べた。

 パフォーマンスについてジェノは「僕たちがこれまでやってき強烈なパフォーマンスもありますが、その反面余裕があったりなどそういったコンセプトも準備しました。今までとは違うポイントがあると思うので注目してもらえると嬉しいです」と語った。

 MVを初公開するにあたりロンジュンは「僕たちは『Hot Sauce』の広告モデルとして登場します。僕たちの愉快で多様な魅力に出会えると思います」と説明した。

NCT DREAM

 質疑応答ではアルバムがすでに171万枚の予約が入っていて、自己最高記録を更新したことについてマークは、「初めてのアルバムを7人で作れたことに大きな意味がありました。思い出をたくさん作って楽しくやろうと事前に話して、それがポイントでした。ファンの皆さんが沢山の愛を送ってくださって僕たちももっと一生懸命頑張らないといけない、より深い思い出を作るためにここからまた頑張っていきたいです」。

 メンバー全員が成人を迎えたことでの変化についてチソンは、「未成年のときよりも余裕ができたと思います。たくさんの経験もしてきたのでノウハウも身についた気がしています」。続いてジェノは「若いというイメージがあったと思うんですけど、以前は一つの味だったとしたらたくさんの活動を通して色んな味が追加されたという印象があります」と話した。そして、マークは「22時を過ぎても撮影ができるようになったので、MV撮影も遅くまで撮影できるようになって良かったです」とメリットを語った。

 マークの参加で変わったことについてロンジュンは「7人それぞれのカラーが集まって活動するとカラーが多様になりDREAMがより強くなったと思います」とマークの参加によって変化した部分だと話した。そして、マークは「フルアルバムで7人でカムバックと聞いてワクワクしましたし、このタイミングで合流できることに大きな意義を感じたので、一生懸命がんばりたいと思いました。みんな暖かく迎えてくれて嬉しかった」と述べた。

 このアルバムで最も見せたい姿についてヘチャンは「今までは成長だったりヤングな姿を見せることが優先だったと思うんですけど、今作では僕たちも全員成人を迎えましたし、6年目という時間の中で積み重ねたもの、僕らのカラーがはっきりとしたものを見せることが最優先だと思いました」と述べた。

 今のNCT DREAMを“味”で表現するとどのような味なのかという問いに、マークは「僕は胡椒が大好きなんですけど、塩と砂糖と胡椒、さらに化学調味料を入れたような、舌を刺激するような味になったと思います」といい、続いてジェミンが「僕は食べられるものではなく、虹色と表現したいです。7つの美味しいものが集まって最高の料理を作れたと思います」。

 タイトルを聞いた時の印象についてジェノは「僕らもどんなタイトルにしようか悩みました。最初は「味」にするか「Hot Sauce」にするか、それともその両方なのか迷った末、『味(Hot Sauce)』に決めました。強烈な味を見せるという想いが込められていて、とても素敵なタイトルだと思いました」。ロンジュン「最初僕らの中で2つの意見「味」派と「Hot Sauce」派に分かれたんですけど、全然決まらなかったので結果的に両方になったのですが、素晴らしい選択だったと思います」。

 このアルバムで成し遂げたいこととは?という問いにマークは「成績や成果も大切ですけど、僕たちが話していたことは1日1日を大事にしながら一緒にいる時間を大切に活動しようというものでした。これを維持しながらファンの皆さんとコミュニケーションをとっていきたいです」と気持ちを語った。最後に「これからも見守っていてください」とオンライン記者懇談会を締めくくった。

NCT DREAM

 NCT DREAMは10日午後5時からNAVER V LIVEのNCT DREAMチャンネルで初フルアルバムの発売を記念する『NCT DREAMの新作発売「マッ(味)ストラン」』を生放送する。【村上順一】

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)