グローバルボーイズグループJO1が3日、TBS系音楽番組『CDTVライブ!ライブ!2時間スペシャル』に登場し、4月28日に発売された3RDシングル「CHALLENGER」より表題曲「Born To Be Wild」を披露した。

 挑戦を掲げた「Born To Be Wild」は恐れと期待を胸に、力強くドアを開け一歩を踏み出し力強く乗り越えていくナンバー。同曲のパフォーマンスについてダンスリーダーである川尻蓮は「11人が揃ったダンスが武器だと思うので、ぜひそこを見ていただければ」と見どころを語った。

 統一感のある真っ白な衣装で登場したJO1。めまぐるしく変わるフォーメーションダンスは、一糸乱れぬシンクロ率の高さをみせ、バイクのアクセルをブンブンとふかす動きを模した“ブンブンダンス“も印象的だ。完成度の高いダンスを見せる中、楽曲が後半に差し掛かると炎がダイナミックに立ち上がる演出も。炎の力強さも加わり、JO1のワイルドなパフォーマンスをより輝かせていた。最後は爽やかに「ありがとうございました!」とカメラに向かってお辞儀し感謝を伝える姿も。

 SNS上では「JO1が最高にカッコよくて、しばらく放心状態やった」、「涙が出ました」、「メンバーの熱さや気迫が伝わってきて息ができなかった」、「もう最高だよほんと胸熱が止まらん」など多くの反響を集めた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)