4月26日から全国で放映スタートする「明星 中華三昧タテ型」の新TV-CM「うっめぇわ篇」にAdoのメジャーデビュー曲「うっせぇわ」が替え歌として起用される。(※一部の地域を除く)

 今回の「明星 中華三昧タテ型」の新CM「うっめぇわ篇」は、「カップめんでありながら、高級中華料理店監修の本格中華クオリティー」という驚きをみなさんに伝えるCMとなっており、代表商品である「明星 中華三昧タテ型 赤坂榮林 酸辣湯麺」の味の特徴「酸っぱ辛いうまさ」を、YouTube&ストリーミングでの累計再生回数1億回越えの話題曲『うっせぇわ/Ado』のメロディーに乗せた替え歌で伝えていくものとなる。

 新CMキャラクターとしては、「明星 中華三昧」が長年培ってきた「本格感」を体現してもらうためにクールな“本格派”女優、桜井ユキが出演。クセになる音楽に乗せて、無我夢中で酸辣湯麺をすする姿と、訴えかけるような鋭い目力で「明星中華三昧」のおいしさを強く表現している。

「明星 中華三昧タテ型」の新TV-CM「うっめぇわ篇」キャプチャ

TV-CMストーリー

「明星 中華三昧タテ型 赤坂榮林 酸辣湯麺」を一心不乱に食べる美女、桜井ユキ。クセになるその旨さに、食べ始めたら止まらない。「酸っぺぇ、辛ぇ、うっめぇわ」それは「明星中華三昧タテ型 赤坂榮林 酸辣湯麺」を食べた者の、心の底からの叫びなのだ。気が付けば、自宅だったはずの部屋は高級中華料理店に変わっている。そうつまり、全ての出来が違うので、買うしかない!

歌詞の意味

 原曲の「うっせぇ」と連呼する象徴的なサビの節に合わせて、「酸っぺぇ、辛ぇ、うっめぇわ」と酸辣湯麺の特徴を表現。「あなたが思うより本格です」というのは、カップめんの想像を超える高級中華クオリティーを提供する、という意味で、そのゆえんは中華の名店「榮林」が監修しているから、という部分でひもといている。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)